[ HOME ]   

スポンサーサイト

--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアの妖怪

2010年 05月 18日 (火) | 編集
喉が渇いた。 

2階のバルコニーが出ているお店で、シーシャを吸いながらバックギャモンをしている人たちが見える。
(シーシャ:アラブの水タバコ、 バックギャモン:アラブのボードゲーム)


シリアの北にある宿で友達になったオーストラリア人オトコのスティーブとアテクシはそこでお茶を飲もうとお店に入る。 

『あのバルコニーでオイラもお茶飲みたい!!』

おっさん、じろじろとガン見。 まぁ、見るのはいーけど、アテクシはあの、バルコニーで茶したいのよ!

下を見下ろしながら午後ティー・・・ 案内された席は曇りガラスの、窓も開いていない温室ハウスのような部屋。



あぁ、イスラム、男女が公に茶は飲めないってか。女性、外国人はイケてない部屋で裏方なのね。

さっきのチャイのお店はアテクシでも男性と同じところで飲めたのに!



ここはシリアの首都、ダマスカス。 
4000年の歴史を持つ古い町。 物価の超安いこの国は人々は温かいし、ご飯はウマい。
アテクシ的には文句無しで楽しんでいた。


オーストラリア人オトコのスティーブとはシリアとトルコの国境の町、アレッポで出会いそのまま共にシリアを南下中。

彼はオーストラリアで元海軍、その後弁護士資格を取得して弁護士として働いた後、世界一周をしていた35歳であった。



ダマスカスに着いて宿にチェックインをする。 ったく、どの宿もシリアの中では一番高い!!  700円もするなんてっっ!!


『マジでこのバックパック、捨てたいんだけど!!!!』


旅をしている人なら間違いなく何度も心が折れそうになることのひとつ、 荷物が重くてマジで捨てたろか!!!!

もう1mも歩けないよ。 受付までの5mが遥かかなたにかすんで見えるのよ。 肩が痛くて頭痛がするわ… イヤ、バックパックは高性能の使ってるのよ。 

ただ 使ってる本人が低機能じゃ意味がない。


それでよく旅人していると我ながら思う。


これで宿が満室だったらまた往復10m歩くのか・・・ ここで余計な体力は使えねぇ!!!
バックパック以上の荷物と化したアテクシを見るに見かねてスティーブが奥の受付へ。 アテクシは宿先で座り込む。


『今夜はホットシャワーがちゃんと出ますように!』


出なかったけど。



外はジリジリと照りつける砂埃の舞う路地でも、一度通路に入れば風が心地よい。
中庭が吹き抜けになっているため、私が座っていたところは風の通り道になっていて。
異国にいることをフッと思い出すとき、その場所が永遠となって胸に焼きつく。


受付手前のイスに座りながら、重い首を持ち上げた、その瞬間である。



予想外の胸の焼き付きが!!



シリアはイスラム教色の濃い国で、女性は完全防備をして徹底している。 
トルコとかインドネシア、エジプト、モロッコなんぞカラフルなスカーフをして髪の毛を隠したりしているけども、シリア、イラン、イエメンなんぞは手袋までして目さえ見えない女性も多い。


そんな中でスゴイ笑劇アワー開催!

cha.jpg



シャネルってイスラム女性用の衣装、作っているんだ?! そーなのかぁ~! しらなかtt・・・



しかしなんかおかしくね??



【チェックポイント】

1. シャネル?ロゴ 3連発

2. シャネル?スペル (どうしたらこうなる?)

3. フェンディ?ロゴ (ってか、カバンぺらぺら?)


特に、シャネル、いや、シャニールロゴの細かいところ、ほつれているんですけど!!! チョロチョロと。

もしかして大富豪か?とも思えるけど、ここ、1泊700円だし!




リアルミステリーハンターはすぐさまカバンからカメラを取り出す。 しかし、イスラム女性だ。 堂々と撮影することはできない。

彼女たちは写真に撮られるのを極端にイヤがるし、これは文化だから、アテクシもそれを無視できない。

さらに気まずいことに、シャニール旦那がスティーブの横でチェックインをしようとしているのだ。


『撮りたい!撮りたい!撮らねば!』


隠し撮りを強行。 

この笑撃的写真の撮影に成功したのである。


モニターを見ず、望遠にして何枚か撮ったらやっと1枚、まともなのが撮れていた。グッジョブ、自分。

ちなみに偶然、ゲーハーな旦那も写真に収まっていた。



この町一番の笑いであったのであるが、彼女の顔も見てみたい。 

女性の顔をジロジロ見ることもはばかれるしなぁ・・・。


その後、笑いの女神はまたしてもアテクシに微笑む。



夜になってトイレに行った。1つのトイレを数部屋の人たちで使う。

取っ手に手を伸ばした瞬間、こちら側に扉が開く。


『エクスキューズ ミィイイィィ~~~~???!!』



でた、シリアの妖怪! シャニーール!!!



妖怪?! イヤ、魔女?? ちがう、三輪明宏!! 

ここまでのイスラム女性は見たことがなかった。 
紫のシャドーをまぶたにペンキのごとくベットリ塗って、真っ赤な口紅とチークで、オトコが化粧したようなそんな感じで、汗でてかってて、でも彼女はアテクシにニッコリ笑ってくれたのだった。


『いいやつじゃないか・・・』

トイレの中は化粧くさいけど。



隠し撮りをして心苦しい。 嗚呼、あなたのそのがんばりっぷりをアテクシはシッカリ、極東ニッポン国民にシッカリ伝えるべく、尽力をつくしたいと思います。


前職場のお疲れ様会幹事、大学ゼミの同窓会幹事、
サマソニチケ手配、週末の友人誕生会幹事、
友人誕生会セッティングとか、アテクシがんばれw

↓↓           ↓↓

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Comment

この記事へのコメント(承認制です)
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  [ HOME ]   

明日の地図帳を歩くTOPページ | 著作権について | 個人情報について | credit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。