FC2ブログ
  [ HOME ]   

スポンサーサイト

--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖地シナイ山で出会った

2009年 11月 25日 (水) | 編集
今、自分がどこを歩いているかわからない。


もうかれこれ2時間は歩いている? 漆黒の空に、それでも星々は私たちのいく道を照らし。

振り返れば人は聖歌を歌いながら、キャンドルの光のラインが続いている。


ここは聖地シナイ山。 私は夜中の2時から、旅友ヒデ君とそこをただただ歩いていた。

◆    ◆    ◆    ◆
2010年度カレンダー発売中につき、表紙を撮影したときの話です!
前回の記事をお読みになっていない方は こちら から!

◆    ◆    ◆    ◆

『ぷぷっ… ダイソーで買った100円ライトが仕事するわねっ。 でももう体力が・・・』

呼吸をすると胸がヒューヒューなる。乾燥していて、さらに慣れない砂道を歩いているのだ。 シナイ山は山といってもアテクシたちが想像するようなところではない。


砂と埃と石と岩がむき出しの、荒涼とした砂地なの!!



ラクダの客引きは歩く人々の真横にラクダを引きながら一緒に歩く。 振り返ればラクダのアゴが頭の上にある状態!! すげぇ~~ ラクダって背が高い!! 目の前にもラクダが歩いている光景なのだ。


負けずひたすら歩く。隣を白髪の人々がラクダに乗って追い越していく。


そりゃラクダ乗りたいですよ。 砂漠と言えばラクダでしょ。 でも 『聖地はやっぱり自分の足で進みたい!!!』

 
まだピチピチ大学3年生のヒデ君はサクサク進む。 ああ、もう、アテクシ… でも、ここは自分の足で・・・

手にしたライトがダラリと下に向いた。  そのとき地面を照らした光の輪の中にあるものを・・・ 見た。



・・・。


・・・。


ナニアレ??  なんかが見える?



・・・。 ミラクル!!


ここって、ラクダの んこロードじゃないかああぁぁぁぁ!!!!!!



そうだよね!! そうだよね???! だってこんなにラクダいるんだもん!! 乾燥しているからわからなかったけど、ラクダの落し物が、ほら、こんなに!!!



『ヒデくん!!』

『なんですか?』

『アテクシ、ラクダ乗りますっっ!!!』 もう無理ですっっ


かくして、ラクダに乗ったアテクシは、最後の岩山まで王様気分で揺られることに。 過去、馬やゾウに乗ったけど、ラクダはこれまた全然違います。


カラダを前に後ろにグラインドして歩くので、アテクシのカラダも大きく揺れる。 それが気持ちいい!


頂上につく。 まだ太陽は昇っていない。 それでも空はすでにほんのり明るい。
むこうに雲がうっすらかかっていて、そして初めて気がついた。

私が登っていた山って・・・ こんなところだったの?!! 

sinai1.jpg


とても寒々しい、ここでどうして神は預言者モーセに、この場所で十戒を授けられたんだろう。
なぜ、もっと華やかで、緑と水に溢れたところじゃなくって、この場所なんだろう。


この土地はきっと昔はこんなだったからこそ、人間は神をという存在を求めたのだろうか。




朝日が昇る。  世の中が一気に明るくなる。 イソップ童話の 『北風と太陽』 のごとく、私も羽織っていた寝袋を脱ぎ捨てる。


人々の賛美の声があがった。 『わぁ!!』 聖地に光が注いだ瞬間。


sinai4.jpg

すると太陽が消えた。 あれ? さっきの太陽は雲に反射していた姿だったの?
アタマが見えなくなって、人々がその先を見つめる。

sinai5.jpg



そして再び、太陽は姿を見せた。

今、自分のいる場所はどこ? 水面から溢れる空気の泡のような、大地から芽吹く新芽のような、今、目の前に見えているのは、空の雲間から現れた太陽。

sinai6.jpg

海から昇る太陽とも、富士山から眺める朝日ともちがう、今まで見たことのない光景だった。



こんな光景に出会えるから旅をしてください、とは言わない。

そこに何があるかなんて誰もわからない。

日本にもたくさん見るべきところはたくさんある。

バックパッカーはその道中のほとんどは苦痛ばかり。 6割? 7割は苦痛。

だけど、

その残りの3割は日本では決して経験のできない、人生で何度経験できるかわからない空間に出会う。
このたった3割が永遠のものになるから、だからやっぱり私はやめられなくて、もう、バックパッカーなんて大変だし、荷物重くて何度も捨ててやる!!って思うし、自分のベッドで寝たい、温泉はいりたい、って思うけど、

こんな神々しい空間に出会ったのは3年前でも、私はいまでも鮮明に思い出し、そして記憶が一瞬にして舞い戻る。


来年、読者の方々と、ブログを通して共に世界を旅したいと思います。


==========================================
ただ今、2010年カレンダーを昨年に引き続き、販売中です!
【地球の足音】

cover-sm.jpg

毎月の満月と新月がわかるムーンカレンダーです。
すでにご注文いただいた方、ありがとうございます! 順次、発送中です!
==========================================


カレンダー、すでに届いている方々、気に入っていただけたらとてもうれしいです!
申し込み時に備考欄にコメントをくださった方、ありがとうございます!
↓↓           ↓↓

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Comment

この記事へのコメント(承認制です)
鳥肌。
読んでる&写真だけで鳥肌が立ちました。

地球による神々しい景色。
目の当たりにしたら、旅の疲れもドコへやら。
ミラクルそのものですね。

ふと下に照らしたライトでンコを発見してしまったのもミラコーですがw

あ、カレンダー、実家から「届いた」と連絡が来ました。

今から帰省が楽しみですv-238(1ヶ月ごですがv-12
2009/ 11/ 27 (金) 16: 27: 51 | URL | プチ電器屋[ 編集 ]
すばらしいブログに感激
私もこの11月にエジプトを旅行しますが、その頃の気温が分かりません。もし分かりましたら教えてください。頂上はいつも寒いのでしょうか。
2010/ 03/ 15 (月) 09: 12: 30 | URL | 夏樹 満[ 編集 ]
【返信】夏樹さんへ
>夏樹さん
>>私もこの11月にエジプトを旅行しますが、その頃の気温が分かりません。もし分かりましたら教えてください。
>>頂上はいつも寒いのでしょうか。

11月だったら確実に寒いです!! シナイ山の頂上は季節に限らず寒いですよ~~!
私が上ったのは7月でしたが、3枚着込みました。
頂上は日の出まで寝袋かぶってましたよ。上にhブランケットのレンタルがあるので
外国人たちはそれに払ってました。5ドルくらい?(バックパッカーでは高い!)
楽しんできてくださいね!
2010/ 03/ 15 (月) 10: 13: 08 | URL | ちょこぼ[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  [ HOME ]   

明日の地図帳を歩くTOPページ | 著作権について | 個人情報について | credit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。