[ HOME ]   

スポンサーサイト

--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杭州 皆既日食~ 日食カウントダウン

2009年 07月 29日 (水) | 編集
人生初の皆既日食を見るために上海、杭州へ。
上海の町と情報操作に驚きつつ、いざ、日食観測地の杭州へ!

前回の記事の続きです。 こちら からお読みください!

◆    ◆    ◆    ◆

そう、上海はコンクリートジャンゴーである。 空の見えない町。

朝、起きてホテルの窓から見える光景に結構ビビる。

IMG_9285.jpg

こんなんとか

CIMG9074.jpg


こんなんよ!! 新宿の高層ビル群のマンションバージョンなの!


見渡す限りコレって!!! いーんですか、コレで…


中国は現在、一人っ子政策している。 二人目を生むと日本円で60万くらいの罰金が課せられるとか。

上に住むところを増やすのはいいけど、100年後ってこんだけの人がここに住んでいるのかなぁ。


『人は "土から離れては、生きられないのよ!" 』 

ああ、今ならシータ (by ラピュタ)の言葉がよくわかります…。



今夜から杭州。 その前に一度行ってみたかった 『東洋のヴェニス』と呼ばれる水郷の町、烏鎮(ウーチン)、そして日食観測ポイントの下見だ!!

今回、日食は杭州の西湖という、昔の皇帝が舟遊びをした湖畔から見る。

今回のツアーは格安だったにも関わらず観光、食事もついて、観測ポイントも自分で見つけなくていい。 なんてラク~~!! 


美しい!というなら見てみたいぜーー! 意気揚々、毛穴という毛穴から吹き出る汗を拭きながら着いたそこには、

IMG_9478.jpg

水の色がおもしろいことに。



uchin.jpg

手前の船… どいて(泣)・・・


uchin3.jpg

お酒のにおいがプンスカ!!



いいじゃん、ココ!!!


昔からの薬屋、染物屋、酒屋、店が並び、今でも生活をしている人々がいる町。時間が止まったような、なんだか見たことがある光景が広がる。

しかも天気いいし~!! ←ここ重要


杭州は12世紀に南宋時代の首都であり、かのマルコ・ポーロが 『地上の楽園』 と賞賛した。(出どこ不明だけど。)


アテクシの心は日食だぜ、日食!! 


ツアーだとバスの中でガン寝してても荷物を盗まれる心配をしなくていい。 ありがたや~ 途中、いろんなとこに連れられたけど、覚えてない。

バックパッカーだと移動手段から目的地情報まで自力で調べるから忘れることもないし、今でもハッキリ思い出せる。

ツアーだとそれが全然ないから日本のどこかにいるのか、それとも海外にいるのかわからなくなるなー。


で、気がついたら夕方、西湖の湖畔にある公園に着いた。


『今回はウチの旅行社ががんばっているということで、杭州の役所から、この場所を貸しきることができました~!!』

ガイドが叫んでる。 パチパチパチ~ 賞賛の拍手。


格安で好条件だったので 『集金するだけしてバックレられたらチーンだな…』 折り返し電話依頼してもかかってこなかった旅行会社なので不安に思っていたけど、参加したら予想以上に内容が濃くて満足! さらに一番重要な観測ポイントもサイコーにいい!!


東の空が大きく開けて、さらにウッドデッキだし! 階段あるし! ちょーーいいし!!


し か も 空 は 晴 れ て る し !



ホテルに戻ってから、希望者は水中ショーだかのオプションに参加できたりしたけど、アテクシは部屋に戻ることに。 

フッ! 日食カウントダウンをしなくちゃね! 気分はもう日食モード全開よ! 3年待ったんだもん!!


ホテルに戻るバスの中でガイドのチンさんが明日の予定を言った。

『それではアシタ、晴れるようにみなさん、祈ってくださいネ。 ちょっと天気・・・ 悪いですカラ…


・・・。 今、なんつった?? 


今日一日で一番、声が小さくて聞こえないんですケド???



フハハハハ!! まさか! 今日までこんなガン晴れしてるのに雨なワケないじゃんけ!!


22日、日食当日は朝7時にホテル出発だ。 準備してワクワクドキドキで眠れず5分経って爆睡。


翌日5時半起床。   ザザーー! カーテンが飛ぶ勢いで開けた。 今日は待ちに待った皆既日食よ!


・・・。 

・・・・・・。


コレってもしかs@gkppk@pkうぇいjmsgsjglうぇいhうぃs??!!!!!



分厚い雲に覆われた太陽の場所が確認できず、先輩みーちゃんをたたき起こした。


続く!!!

あのー・・・ 雨だとホント泣くんですけど…
本気のときはいつも晴れるのに… 応援クリックよろしゅくです!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
スポンサーサイト

杭州 皆既日食~ 上海暑過ぎ

2009年 07月 27日 (月) | 編集
杭州で皆既日食体験。すごかった・・・ 
前回の話の続きです。 こちら から!

----------------------------
それにしても上海は暑かった!!!


過去燃えて焦げた記録をたたき出したヨルダン以上じゃない?


今回、上海、杭州の日食ツアーに行ったのは中高時代の部活の先輩 みーちゃんと。学生の頃は 『閣下!!(敬礼っ)』 なくらいの上下関係。

あまりの先輩の厳しさに一度だけ 『辞めてやるー!!』 と謀反を起こした高1の夏… 懐かしい。今じゃ敬語もあまり使わないくらい仲がいい。


上海空港についた翌日、市内観光で

IMG_9351.jpg

- 豫園 - 

上海の観光スポット。中国っぽい雰囲気ムンムンエリア。


とか


IMG_9319.jpg

-虹口エリア-

多倫路文化名人街。道の両側には骨董品店や喫茶がある・・・ がのぞいて回る時間はもらえない!



ゆっくり見たい、写真撮りたい、となっても、今回はツアー人数が多いため時間が取れない。


『こ、今回はとにかく日食が見れればそれでいいっす、アテクシ!!』


だけど・・・ とにかく・・・ 暑い・・・ 写真撮っているとカメラが熱くなるんだけど!!  暑さと湿度でカメラぶっ壊れるんじゃないか不安になる。



2日目の夜は夕食がついていなかった。 

上海通の友人から 『焼ショーロンポーを食って来い!』 指令が出ていたためタクシーで南京西路へ向かう。  ちなみに友人は上海で日食を見に行ってた。


それまで高級ショップが並んでいたのに屋台街に突入。他の国より呼び込みとか少ないのはラクだな。

そこで出会った屋台のショーロンポー屋 小楊生煎館。

IMG_9384.jpg

ジュージューいってます! そしてちょうどできたてホカホカ!


IMG_9390.jpg


4つで約60円!!!


重たいショーロンポーを箸で穴を開けないように持ち上げる。

『ジュオッッ!! あちぃっっっ!!!』

口のなかはズルむけフィーバー。上あごベロベロなんだけど…。

これ、1つがでかくて重い。ゴルフボールを1回り小さくした感じで、お腹いっぱいに。



途中、串焼き屋台とかがある。ひ、惹かれるぜ・・ だけど、3年前のシリアがよみがえる。

ああ・・・ チキンの丸焼きをオーストラリア人と食べたっけ。 あんときは2人して夜中、トイレ大フィーバーだったよね。 カラダの水分全部なくなる、っつーくらい上から下から大変なことになった。


串焼きに手をだす勇気ナシ。。 ザリガニ料理もあったけど・・・ いつからかチャレンジできなくなった三十路。



夜、ホテルのエレベーターでちょうどチェックインした日本人団体と会う。彼らは同じツアー会社で明日以降、一緒に行動をするらしい。

『あ、今、チェックインされたんですか?』

エレベーターにいたおっちゃんに話しかけるアテクシ。

『そうなんだよー。』

白い帽子をかぶってる。多分70歳近い方かな。スゴイなー、日食見に海外まで来るとはいい老後の過ごし方だなー

『上海、すっごく暑かったですよ! もう予想以上でした! 今日も38度とかあったらしいので気をつけてくださいね!』

もうアテクシ、水を何度もガブ飲みしてるのに全然トイレ行かないくらい汗かきまくりよ~!

『お~ 上海は3度目でさ。多分、体感温度、もっとあるよ。 50度くらいあるんじゃない?

え? は、はい? 今なんと?

『ご、ごじゅうど・・・ ですか??』

隣にいたツアーガイドの若者と目が合う。

『え? 今日、38度って公園に表示されてましたよね?』

『あ~、あれ、ほとんどウソなんだよ。ほら、50度もある、って表示するとそれだけで驚いちゃう人が多いから、表示しないようにしているんだ。 でも、本当は50度くらいあると思うよ~


えーーーー!!! 気温表示ってウソ言っていいんか???!

初耳だぜ。


確かに50度あります!とか言われたらそれだけで出歩くことは躊躇するけど、ウソはダメでしょ・・・ 健康管理のためにも!

聞いたらこのおっちゃん、3年前にトルコにも皆既日食に行ってるらしい! さすがです!!

どんなんなんだろー! ワクワクしながらコンクリートジャンゴーにくるまれて眠りについた。

続く!

明日から予約更新していきます!
病院中のアテクシに応援クリックよろしゅくです!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

皆既日食 in 杭州!

2009年 07月 24日 (金) | 編集

祈りってホントに通じるんだ(泣)!!!

皆既日食を杭州で見てきた!!!


もう、どこから書いていいやらわかりません。


今日、帰って来ました。友達や親に話すたびに涙目になる… 

皆既日食、ホントすごい。いや、もう、言葉とか写真では言い表せない。


初めての経験、というか、なんつーか、このすべてが奇跡で私がここの地球のこの場所で生きてる、ってすんごい偶然の中で私がいるんだ、っていうか、


日本語になってないけど…



すごいです、皆既日食。泣いた。 うわあぁぁ~~~~~っていうか。


日本語になってないけど・・・




ホントは昨日帰ってくる予定でしたが、帰りの飛行機が雷雨のため欠航。大モメしながら今朝は4時半起床で朝イチのフライトで帰ってきますた。

で、猛烈眠くて疲れてるので明日から日食レポ更新したい… だけど月曜から入院…


ってことですが、早く伝えたい!!!



皆既日食、ホントにすごくてすんごくて、

皆既日食でスッポリ太陽が隠れた瞬間から、世界が変わるのよ!!!!!




スゥーーーっと、こう、蛇口をゆ~っくり閉めると水がほっそーーくなる、そんな感じで、

太陽の光が丸い影の後ろに吸い込まれる。

点になったと思うと、光が消えて、フッと世界が暗くなって。


暗い空に丸いリングが突如現れる。 ギラギラしてて、で、周りは暗くて星が見えて。

周りで歓声が上がる。みんながみんな、同じ空を見てる。


思い出しても涙出ます。


この一瞬、不思議な光景。短いからこそ、それは猛烈に・・・ 適当な言葉が見当たらない。キレイとか、力強いとか、そういうんじゃない、もっと大きなもので。


太陽の明るさ、光ってすっごい。
そしてアテクシにも撮影できた!!

kaiki2.jpg



肉眼で見ると部分日食がこんな↑ 感じ。まだ雲が多かったんだけど、


食が半分くらい進んだら、後半一気に雲が晴れたんですよっっ!! 




キタ、ミラクル!!

kaiki1.jpg


皆既日食ってこんなんなんだけど!!

写真じゃ全然伝えきれてない! スゴいのはそーじゃなくって!!


イヤ、見た目はこうなんだけど、もう、空とか星とか色とか温度とか、皆既になった瞬間もう、ゾワゾワゾワーーーー、っていうか!!!







ホントにありがとう、ってすべてに感謝です、本当に・・・



皆既日食が経験できただけで本当にもうありがとう。 私がこの世に生きてるってスゴイことなんだね…  カラダ全体でなんかいろいろと感じた。


想像以上にあの世界はすごいです。


昨日は睡眠3時間くらいでフライトで、ノンストップで夜11時になった… そろそろ電池切れです。

また更新しますんでお楽しみに!!!  まずは無事帰国報告でした!

続く


長くなってもいいからレポします!
応援クリックよろしゅくです!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

皆既日食行ってきます!

2009年 07月 19日 (日) | 編集

前回の記事では、温かいコメントやメールを読者さんからいただき、とても救われました。

いつもいつも、愛を言葉で伝えてくださってありがとうございます。
コメント等がなくても、読んでくださっている方々にいつも感謝です。 こちらからもコメントのお返事が間に合わずホントにゴメンナサイ…

すごくいつもうれしいです。


なので、今月末には入院もあり、来月は海どころか湯船も入れない状態となるアテクシ。 夏は早々にシューリョー、みたいな。。


つことで、連日前倒し夏休みやってますが、最後の一大スペクタクル到来っっ、


本日から杭州に行ってきます!!! 

皆既日食見るために!!



書いててすでに鳥肌。


『では手術は7月22日に』

病院から言われた。 ええっ・・・! その日はアテクシが3年前から楽しみにしていた皆既日食の日、ドンピシャなんですけど!!!

『あ、あの… その日は海外に行ってて…』

あの・・・ 皆既日食諦めきれましぇん・・・。 いいのだろうか?? イヤ! 今年の夏は海も無理だし!! 温泉も無理と思えば、日食だけはどうかお願いっっ。

センセーの強面(こわもて)で威厳に圧倒されながらもひるまず言ってみた。 『フザけんな!』 とか怒られそうだけど… でも、でも、どうしても、ホントに絶対行きたいの! 見たいの!!


『ん~、じゃぁ、その翌週にしますか…』

アテクシの血走った目に先生も承諾。 ありがとう(泣)!!


そんなある日、1通のメールが届いた。 海外に住む読者さんからだ。

『日食の撮影の仕方』 を詳しく教えてくださった内容が書かれている! そして撮影した写真!  しかもコンパクトデジカメでの撮影らしい! うぉ~~~!! こんなスゲく撮れるのか?!

皆既日食をぜひカメラで撮ってみたい!! 


世界中から集まる日食ハンターたちのバズーカーでキャノン砲担いだ方々にはそりゃかないませんが、アテクシでも撮れるもんなのだろうか?


連日、ネットで調べ、ヨドバシのカメラ売り場でウンチクたれまくり、『ネットに書いてあったコレ、くださいっ!!』 吠えまくり(間違いなくマタキタ、とか思われているに5000点)

『売り切れだよー』

『えーー! じゃぁ、また出直します!!』

家に帰って違う方法で撮影できないか調べる、考える、そしてまたヨドバシ突撃。 そんなこんなでかき集めた撮影器具たち。 ←ビンボーなので大幅に投資できないのがツラいとこ

太陽を撮影するには黒いフィルターをつけないとカメラ内部がダメージくらうのだ!
 それは激しく困るんですけど…



杭州は13世紀にマルコ・ポーロが訪れた際、『世界で一番美しい町』 と言ったくらいの場所。


しかしそんな景観はどうでもいい!! あとは天気だ、天気ーー!!!

パチパチパチ・・・ キーボードをたたく。




曇りやら雨かも、みたいな・・・のは気のせい???



マジで晴れてくれ!!!!

北京五輪みたく雨雲をミサイルで蹴散らせろーーーー


ほんでは行ってきます!


楽しみすぎて限界破裂!
楽しみクリックどうぞよろしくです!!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

支えられてます

2009年 07月 13日 (月) | 編集
宅急便が届いた。 小さい箱、見覚えがある。

『え? 何も注文してないけど??』

以前、私がカラダを壊したときに親友がある本を送ってくれた。私に内緒で。 今回も友人からの本かと思ってみる。

CAF1WG.jpg


ハサミでシールをはがす。

それにしても軽い。 本? じゃない?


開けてしばし叫んだ私。

CAA94BU.jpg


ドラクエ9~~!!!!!


え? ええっ??? 誰が送ってくれたの??! 

納品書を見る。 そこにはサプライズな人の名前が書いてあった。 いつもパソコンのことや仕事のこと、何かと助けてくれる友人だった。

なんでなんでーーーー!!???

電話をかける。

『あはは、驚いた? イヤさ、予約した発送先をちょこぼにしておいたよ。』

なんで? えーーー??!!

『だってさ、ちょこぼ今月、入院するじゃん? 元気出して欲しいからさ。 終わったら貸してよ(笑)。』

泣けた。 そう、私は今月末、ちょっとだけだけど、人生初めて入院、そして手術を受けることになって。(オオゴトじゃないです)
旅に出よう、、 そう思って仕事して貯金して、会社辞めて、ヨシ!! と思うたびにいろいろなことが起こる。

今回はよりによって手術となり、もちろん旅はまたもや延期。 しかも術後の経過も数ヶ月は見る必要があって、秋出発にした旅は、また延びてしまいそう。


せっかくテンション上がって準備して! と思えば、うまくいかない。 ここまでいつも起こらないことが起こって旅立ちにストップがかかるのは、見えない力が働いている、って私は思ってる。

『こういうときは無理に動いて、流れをねじまげるべきじゃない』

ご先祖様から 『今は日本にいて、旅立ちはもう少し待て』 ってことだろうな。


そりゃ落ち込みます。 現実的に、旅のために貯金したお金が違うものに消えていくって、ホント切ない!!! 
ならもう少し仕事辞めるタイミングを遅らせても良かったのに! でも、そうしてたら辞めた後に出会った人や撮影等はできなかったし… の堂々巡り。

そんな流れの悪い私を気にかけてくれる友人たち。 新作のドラクエよりも、その友人の気持ちがとってもうれしくて、今もこの記事書きながら涙出ちゃいます。


最近は周りの友人、知人に本当に助けてもらってばかり。


こないだも大事にしてたDSがデスクから落ち、無残にも逝ってしまった。

CA1QVFX.jpg

うわぁ~~ 病院に持ち込みたかったのに! って、そんなことを先日、友人宅での誕生会で言ったら、

『持っていっていいよ! 病院、ヒマでしょ?』 って貸してくれた、18年来の友人。



『先生、YOSHIKITTYの人形、プレゼントするからさ! 旅、がんばってよ!』

私が大学生のときに家庭教師をしていたときの教え子。 かれこれ12年前かぁ。 

勉強教えながらもX JAPANについて語っていた当時。 それがきっかけで彼は今では超がつくファンになってて。 今でも交流があるんだけど、

『先生にいつもお世話になってるから、今度は僕がお礼をする番ですよ! だからカラダ大事にしてください!』

この話をする前に彼はすでに、私の分も予約してくれてた。 ホント泣ける。

って、ヨシキティってのは、YOSHIKIとキティちゃんがコラボしたグッズ。 ちっさい人形なのに結構な額がする。

541117_1.jpg

なんか人間の輪って本当にすごいなぁ、って思う。 こういう気持ちが世界を作ってるんだ、って今回、いろんなことが自分に起こって改めて思いました。


人によって私は生かされてる。 本当にありがとう、ありがとう。



カメラのレンズが欲しい、けど、ムチャクチャ高い。 どうしようか迷い続けて1ヶ月。
部屋に入ったら1通の手紙が置いてあった。


CA4TYVSH.jpg


『自分のだけの身体と思わず、大事に、大切に。 そして人生を楽しんでください。』

そこには母親からの手紙とレンズの足しにして、とカンパ金が入ってた。 今でも私のカラダを心配し、旅に出ちゃうこともさみしいはず。 それでも気持ちを伝えて応援してくれる母。

母親とはよく手紙のやり取りをする。 言いたいことは文字に託してる私たち。 今回もこの手紙を母からの手紙だけがつまっている箱の中にしまいました。



本当に多くの人たちが力を貸してくれてて、最近は自分が生かされてる、支えられている。 

言葉にできないくらいの感謝と、私もできる限りの力をその方々に使いたい。 いただいた機会を全力で応えたい、って、真剣に行動に移したい。 

1度しかお会いしたことがなくても、直接面識がなくても人とまた出会い。
いつも会ってても理解し合えない人もいて、そこで悩んだり。
最近会ってなくてもmixiや携帯メールでつながってる友人。 ちょっと何かあるとすぐメールや電話で『大丈夫?』 って、そんな言葉にたくさん励まされて。
人に人を紹介していただいて、つながっていく人のつながり。 気にかけてくださる方々。
 
ウェブサイトもブログも、私にとっては大きな場所で、読んでくださっている人たちにもすごく支えられている、っていつも思います。



人が人でつながる、って本当にスゴい奇跡。 

人間って損得勘定だけで生きているのでは決してないよね。 あったかくて、私も優しくいたい。 いつもありがとうございます。



私はいつも人から与えられてばかり。 その人たちに何ができているんだろう。 いつも、思います。 


何も恐れずに、突き進める勇気が、勇敢な心が欲しい。

涙が止まりません。


死海で遊ぶ

2009年 07月 06日 (月) | 編集

長年の夢であった死海に行くべく、ヨルダンの首都アンマンの宿で出会った、カナダからのイケメン旅人のライアンと、アラビア語を学んでいるぼんぼんリッチなベンと3人で死海ビーチに行くことに。


バスを途中で降ろされたけども ニッポンオンナ、無理やりヒッチ。 いよいよビーチに到着したのであった。


前回のお話の続きです。 こちらから !

◆  ◆  ◆  ◆

やっとの思いで着いた。ツーリストビーチと名前のように、外国人専用。 入場料を払う。

どうして公衆ビーチ(public beach) に行かないか。


ツーリストの方がお金を払って入る分、キレイであり、リゾートな雰囲気があること。


そして何よりも

アラブ人オトコの凝視攻撃は一切無縁!

特にアテクシなんか水着でウロウロ歩いているわけでだ。 そんな素っ裸みたいな格好していたら、イスラム教徒の男性にしちゃー、刺激が強すぎる。


見た目は日本の普通の海水浴場と変わらない。 違うと言えば、人がとても少ないことと、売店の代わりに鬼高いスパ、そして対岸にはイスラエルが見えていることであろう。  ←激しく日本の海水浴と違うし


CIMG3262.jpg


つか、人、全然いなさすぎやんけっっ!!


すでに2回もここに来たことがあったベンは最初、荷物番をしてくれる、という。



ベン、きみゃーーホント、空気読めるなぁ!!  この死海でイケメンなライアン君と遊べるのね!


とっとと死海まで行く。



死海体験… これは想像以上だった。


死海は本当に体が浮いた!! 

のびた君でも絶対おぼれません!!



死海の泥とかがあるように、死海の底は濃い茶色のグッチャリしたすごい泥、または岩か砂。

足先がザリッとしたので塊をつま先で持ち上げたら真っ白な岩塩だった。



まず海底に足をついて歩く。だんだんと深くなっていく。


おっ。 深い方に行けば行くほどお尻の辺りから軽くなって来るぜ。 気がついたら水中をたち歩きしている。


『すごい~!カラダが浮いてる~!!』


すでに海底には足がついていない。水中で立ってる状態。水中散歩なのだ。


おケツ穴がピリピリするんですけど!!


んなこたぁー5分で慣れるのでここでは割愛する。



そのまま背中から水面に浮いてみる… 自分がボートみたくなったように浮く!!


横にクルクル回っても、自分がボートみたくなろうが、ひざを抱えようが、スーパーマンになろうが、いくら何をしても浮くので疲れないし、すっごく不思議な、そして気持ちがいい。


CIMG3271.jpg

↑ この体勢は海水じゃ出来ません




一つ気をつけなければいけないのは、海水が目に入ったら猛烈しみる上、手でもこすれないので悲惨な状態に陥ること。


とにかく顔だけは海水がつかないように気をつける。 ウハー! おもしろー! はしゃぎすぎて何度か入る。マジで目が燃えた。 



ボート状態になって自分が浮きながらお腹の辺りを見る。 塩が水に溶けている塩水のようにユラユラしてるじゃん!


水の中では肌がツルツル。 水からあがると一気に水が蒸発し、残った塩でザラりとする。



対岸はイスラエルが見えるなか、12時間くらい前に初めて話したカナダ人のライアンが隣にいて、死海で遊んでいるとはなんておもしろい人生。




風に吹かれるまま、二人はプカプカ浮いていた。

『地球って生きてる!』


空に万歳するニッポン人 アテクシ。 なんだかすんごく幸せだ!!




死海にきたらアレだ。 アレをしないと始まらない。 


泥パック!!

死海のそこからねっちゃりもっちゃりした泥を足ですくいあげる。 お、重い。。

それを腕から胸から、肩、腹にぬりたくる。


調子にノッて顔にもぬりたくる。 

(↑後から非常に後悔をすることになるとはこのとき思いもせず)


これを10分くらいして流すと、肌はピーリングしたみたいにツルツルなのだ。

deas3.jpg

どんだけはしゃぎっぷりwww


泥は冷たくって、ドロリヌルリ。 塗ってるとヒジョーにヤラシイ気持ちになるのだが、何がもっとヤラシイって、このライアン


ビーチク・リングをしていて


だから、左びーちくにこう、ピアスじゃないけど、ボディピアスしてて、




あ、もしかしてゲイかな・・・




と思ったが、そこはふれなかった・・・ 




その後は3人で写真を撮り合ったり、ビーチでゴロリとしたり、本当リラックスのできた、最高の場所だった。




ってことで、死海、お勧めっっ!



ヒッチで着いたビーチだけど、夕方今度はどのように帰るのか?


死海泥パックの効果は?

そしてイケメン ライアンとの行方は?


次に続く !




死海にイスラム女性がいたけど、真っ黒い格好したまま海水入ってた。
マジかよ!! ある意味貴重な目撃だと思う。
応援クリックをどうぞよろしゅう!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

死海にたどり着けねぇ…

2009年 07月 02日 (木) | 編集

世界の七不思議 ~自然編 候補から、『死海』 が候補落ちしたんだとよーー!!!

そんなバナナーーー!!

な記事を前回書いた(こちら)。


プカプカ浮いて、魚がすめないほどの塩分濃度。 近年、水位低下問題にさらされている。 そんな死海ですが、


念願かなって死海に行ってきた! (数年前)


ヨルダンの首都アンマンから自力移動。 交通費をケチったばかりに余計な時間を労力がかかることになるとは夢にも思わず。


摂氏40度を超える砂まみれな道をバスで移動中、

強制的に降ろされるカナダ産オトコ2人と日本産オンナ。 



途方にくれてる場合ではない。

道路に放流されたアテクシたちはプランBを発動する。



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
   


バスはアテクシたちを残して走り去った。 マジか・・・ 

ジリジリと目玉焼き状態になっていくアテクシたち。 日陰はない。 アスファルトが燃える。 死海ビーチはまだ先だ。


『じゃぁ、こうなったら・・・』




そう、方法は一つ。




ヒッチ!

(ヒッチハイク。英語ではヒッチと言います)




長い道路がまっすぐ延びている。 ああ、車なんて全然走ってないじゃん!


ライアンがアテクシに近づく。


ニヤリと笑う。



あ・・・。




ですよね、 ですよね。




アテクシの仕事ですよね???!!



荷物を置いて道路側に出る。 舗装された道から熱が上がってくる。



ハンパなくあちぃ!!!

ビーサン溶けるんじゃね??!



白い車が1台来た。 嗚呼、天使の馬車に見えるのは気のせい? ちょっと歳がいった夫婦のセダン。


乗せてくれないに5000点。



親指上げてヒッチなポーズをするアテクシ。


『あなたたち、こんな暑いところで何してるのザマス?』 的なイタイ視線を突き刺しながら無情にも走り去る。





チーーーーン。



しばらく待つ。 黒いセダンが来たぞ。



前に2人乗っている。 お!オトコじゃないか!




ジャンプしながらヒッチなポーズをするアテクシ。




ブオオォオオォォーーーーーン・・・・


走り去る。





テメーー(怒)!!!!!!



スルーした車に怨念を送ろうとしたら、





あ、止まってくれた! 時間経過、約10分じゃんけ!




ライアンとベンが後ろから登場。 車に駆け寄る。 アテクシもスキップ。



彼らはヨルダンの学生でどこかに行く途中だったらしい。 なんていい人たち!! アラビア語が話せるベンが彼らに交渉。


危うく怨念送るところだったけど、ヒッチ成功。 グッジョブ、アタス!



そして外国人のみが来るという "tourist beach" に着いた。 乗せてくれた学生たちにたくさんお礼を言って別れる。 帰りはどうするんだろう?? この辺は深く考えないでおくべ。


CIMG3236.jpg 

つか、死海ってホントに浮くのよ!!




死海体験・・・ すっごいおもしろかったので、次に続く!



もう少し写真載せていくぜー
応援クリックをどうぞよろしゅう!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

  [ HOME ]   

明日の地図帳を歩くTOPページ | 著作権について | 個人情報について | credit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。