[ HOME ]   

スポンサーサイト

--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死海・・・ 残念…

2009年 06月 30日 (火) | 編集

<死海>新・世界の七不思議から脱落 パレスチナ問題余波で  ヤホー!ニュースより


あぁ~~ そうかぁ・・・ 死海は候補脱落なのですか・・・。


古代の『世界七不思議』にならい、自然や文化を保護する目的で、今回は自然の七不思議を決めるらしい。

だけども有力候補の1つ、死海は、またがるイスラエル、ヨルダンの推薦はあったけども、パレスチナ自治区が反対。

理由はパレスチナ自治区に住むユダヤ人コミュニティの一部が、イスラエル支援をしているからだという。


死海は最近、水位が下がり続けている。ヨルダン川の水や死海のミネラルの採取により30年間で大幅に縮小してしまった。

むぅ・・・・ この問題は簡単に『どっちがいい!』 『あっちが悪い!』 とか言える問題ではないけども、やっぱり、地球の遺産を人間が保護をしていく中で、人間が生み出した問題により、また一つ、自然保護が犠牲になっていくのね。


死海が7不思議に選ばれれば、湖の環境問題に注目を集めることができる可能性もあっただけに残念です。



アテクシも死海は行ったぞ!! 



死海 - Dead Sea-

西側にイスラエル、東側をヨルダンに接する塩湖。湖面の海抜はマイナス418メートルと、地表で最も低い場所にあたる。

海水の塩分濃度が約3%であるのに対し、死海は30%の濃度を有する。生物の生息には不向きな環境であるため、死海と呼ばれる。


この濃い塩分濃度のため浮力が大きく・・・






イヤーー行きたいっしょ、これわ!!




アテクシも憧れてたわけよ!! 新聞紙を広げて浮いてるオッちゃんの写真とか資料集で見たよーー!




それで、アラビア半島を旅ったときに、念願の死海に行くことに。



前日にシリアの首都、ダマスカスから5時間かかってバス移動。 国境を越えヨルダンの首都、アンマンに到着した。


夜11時頃チェックインをする。1泊700円の安宿。 アンマンにある有名な宿、クリフホテル。 ここは、イラクでアルカイダに拉致された香田証生さんが泊まった宿。


夕方4時にバスを乗ってからポテトチップしか食べてないよー。 お腹空いたよー。もう夜の10時だよー。



そんなこと思いながら、TVのある共同部屋をのぞいた。見たら1人の白人オトコと目が合う。


おぉっ。 かっこヨシオじゃないですか!!


ニッコリ笑う彼。

ニコッと返すアテクシ。


部屋に荷物をおいてから下にあった雑貨店に行き、カップラーメンを買った。

アラブ諸国、汗を大量にかいているからか、ポテトチップとかコーラとかカップラーメンが非常においしく感じるのよ!!


宿に戻ってキッチンへ入ってお湯を沸かした。



先ほどの白人オトコが話しかけてくる。


『これからバーにサッカーを見に行くんだけど一緒に行く?』

バーに行きたい! だけど移動で疲れていたのと、お腹がすいていた。

『うれしいけどこれからご飯食べるから明日はどう?』 

プランAがダメなら、自分からさりげなくプランBを提案をしてオプションを増やすべしっ。


『明日は死海に行くのだけど、もしよかったらどう?』


おおっ! なんてタイミングヨシオなの!


死海はタクシーやらバスやらを乗り継いで行かなければいけない。一人で行くのは絶対イヤだ! 宿で友達を探そうと思っていた矢先に宿到着10分でお誘いの声がかかった。


幸先いいじゃないか! グッジョブ、アタス!


名前を聞くと、彼はカナダからの旅人ライアン君。 つい昨日ここで友達になったという、これまたカナダ出身オトコのベンと3人で翌日、死海に行くことになった。


この死海に行くまでがこれまた大変でべビった。


何事も一筋縄でいかないのがバックパッカーの醍醐味。 だからこそ、感動もひとしおなのだが、とにかくいろんなイレギュラー続出なのである。 つか、むしろイレギュラーしかない、みたいな。



イケメンのライアン君と一緒にいたメガネをかけて物腰の優しいベン君、彼もカナダ出身であったが、住んでいたのがUAE(例の7星ホテルがある超金持ち国)に家族で住んでいて、


彼はアラビア語を学ぶためにヨルダンの大学に通っているのだそう。

どうしてUAE(のアブダビという都市)にすんでいるの?


『父親が心臓外科医なんだ』


ということで、実は超ウルトラボンボン級ってことが判明。 おめー、どうして1泊700円のところに泊まってるわけ?



翌日、アラビア語ができるベンがいてくれたおかげで、本来なら旅人同士で宿からタクシーチャーターして、一気に死海まで行くところを、


コストを抑えてタクシー + 普通のバスを2回乗り継ぎ、わからなかったらべンが街の人に聞いてくれ、いざ出発。


これが途中で悪夢に変わることに気づけ、アテクシ!!


さっきまで普通の道を走っていたが、どんどん埃っぽい道を下り始める。



おもしろい。今まで普通に街中にいて平坦だったのに、今はどんどん坂を下っていく感じなのだ。

海抜の低いトコロに行くのがわかる。


乾燥した砂埃な、だけど幹線道路っぽい道を進む。


CIMG3273.jpg 



こんなんが延々と。

 




バス運転手がなにやら言ってきた。


『バス、ここまでしか行かないんだって』



ハイ?  なんですと??




・・・。 ここって・・・・・。



すでに右側には死海が広がり見えているんですけど、まだビーチは先でしょ?



ここでおろされるって、どうしたらいいわけ?



この40度を越える中、外に放り出されるってワケ??!




                            ミイラ化するっちゅーねんっっ!!





アラブの国の 『ナンデ?ナンデ??』 現象には慣れていたアテクシだったが、ここで降ろされても!!


ベンも何か言っているが、結局バスは死海のビーチ前まで行かないとのコト。



リリースされるアテクシたち。  ぐおぉおぉっっ!! クソアチィ!!


この後、どうするか・・・


次に続く!


死海写真、次回載せます!
アテクシのセクシーショットと一緒にだ。
応援クリックをどうぞよろしゅう!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーサイト

短期限定よみがえる昔のオトコ

2009年 06月 25日 (木) | 編集
久しく海外に行ってない。 


思い返せば最後に行ったのは去年の8月、タイじゃんか! 10ヶ月も・・・ って、本来ならすでに旅立っていた予定だったのに!!

その代わりに

来月は皆既日食 in 杭州だーー!!!


これ、本当にちょーーー楽しみ!!!! ホント楽しみすぎてヤバイです。 


『皆既日食、どこかで見るの?』

最近よく聞かれる。アテクシが家でおとなしくしてるわけない、って思われてるらしい。 おう! 国内日食観測は相当混みマックスなので、杭州行くぜ!


今はこのために生きてるといっても過言ではない(ホント)。


こんなに心臓がドキドキする海外旅行は人生初の海外旅行、しかも彼氏(18歳当時)の実家 in カリフォーニア以来じゃまいか!! ←甘酸っぱいティーンな思い出に涙ちょちょぎれるぜ


LAのフリーウェイを黒い車で走るのよ。カーラジオから流れる英語の曲でさ。 ああ、DJも英語なんだよね。 自分が初めて異国の地にいることを思い出したっけなー。


『この曲いいね!!』

聞いたことがなかったリズム。スカっていうジャンルなんだよ。彼が教えてくれた。へぇ~~ スカっていうんだ?


一生懸命、DJがいう曲名を聞き取ろうとしても、英語のわからない私。 ただただその、流れてくるリズムに体を揺らしてたっけ。


数日後、出かけて戻ったクルマの中。


『コレ、聴いてみて!』


彼から渡された1枚のCD。見慣れた黄色い袋に入って、タワーレコードの。え?もしかして、 もしかして?!


クルマのオーディオに入れて思わず叫んだ。 キターーー!!!(←当時はこんな言葉ないが)



The Mighty Mighty Bosstones - The Impression That I get



ラジオから曲名とバンド名を聴いててくれてたんだね。 


ってか、今、フッと思ったんだけど、


『この曲を聴くと思い出す昔のオトコ(オンナ)』 っていません?!


え? ない?  イヤ、みなさんにもあるっしょ、1曲くらいはっっ!!



アテクシなんて、ザッと思っても片手じゃ数え切れないくらいある。 いつもは完全凍結過去に葬り去ってるオトコたちだけど

ある曲が流れてくるとよみがえってくる短期限定オトコたち、みたいな。



NirvanaのSliverとか、OasisのDon't Go Awayとか、U2のWild Honey なんて、
 


あ~ あの場所をクルマで走ってるときに聴いたなー、

とか、

あ~ こんなこと言われたな~

やら、

ってか、フザケンナ! ボケッ!!

って、


でもそんな過去があるから新しい恋をして、またおんなじことで悩んだり、すれ違っちゃったり、結果、学ばない三十路ができあがったわけだ。 ここに。



古代ギリシャの哲学者 プラトンはおもしろい逸話(神話)を残してるのが興味深い。


大昔、人間がまだ人間ではなかった頃。


人間は丸い形をしていた。 頭が二つ、手足が四つずつ。それは男男、女女、男女というカタチの3種だった。

あるとき、自分たちの力を過信した人間たちは神の怒りにふれる。 激怒したゼウスはその人間たちを真っ二つに引き裂いてしまった。


ドドーーーーン!!! 真っ二つですよ!!!


で、その引き裂かれた傷口をふさぐために、皮と皮をひっつけたのがおへそになったわけ。


そんな人間たちはその後どうなったか。


それぞれ昔の自分を懐かしむ。 離れてしまった片割れを恋しく想い始めた。


もう一度、一緒にいたい、と。



男男であった人間は別れた片割れ(男)を捜し求め、

女女であったある者はその片割れ(女)を捜し求め、

男女であった者は片割れの男、または女を求めて歩く。



この伴侶を求めることがエロスになる、と、プラトンは有名な 『饗宴』 で言ってます。 


つまりアテクシがデートでドキンコワクワクするのは、昔、男女だったがために、今、その相棒(オトコ)を探してるからなのかーーー!!!

だから同性愛というのは別に特殊でもなんでもないんですな。


人間はかつての半身を求めていく、その行為がエロス(真実の愛)であり、これこそが真理にたどり着く行為につながるんだと。


ただ男女が肉体的に惹かれ愛し合うんじゃなくって、精神的に高めあい求める、それがプラトニックラヴという言葉につながる。

現代になってエロスは性的な意味合いが強いけども、元々は 『真実の愛を探すこと』 なのよね。


なんかわかりやすくって納得・・・

異性や同性の恋人を求めるのは当然ってことかー。 
 

自分が自分じゃないくらい、経験したことのない感情、どうしたらいいかわからないそれを誰かに抱く、ってそうそうないし、だけどこれが愛の一つの形なんだろうね。



かつてのような完全な自分になる期待、

その片割れと出会ってどうなるんだろう、という恐怖、

一緒にいる平安と不安、



恋愛の感情ってこんなん繰り返しだよなーーー。  アテクシなんて半永久的にスパイラルに陥ります。


片割れの相手に自分を見るわけだから、つまりそれが、叱責する、褒める、ケンカする、仲直りする、嫌いになる、好きになる、 これって "相手の中にある自分" に対してしてるってことで、


つまり、

相手に無関心になるということは、片割れの中に自分を見つけることができない、と気がついたときなんだね。  


とか、アタマで考えつつも、心はダイレクトに正直だから葛藤の連続なんだけど。


こんなウンチク考えるアテクシってオトコにしたら相当メンドいだろうなぁ・・・ スイマセン


なんて、さっきiTunesのラジオを聴いてたら、思い出の曲が流れてきたのでそこはかとなく書きつくってみました。


いつもコメントありがとうございます!
お返事書いてませんが改めて書かせていただきます。
過去の記事に対するコメントもわかるようになってるのでありがたいです。
応援クリックをどうぞよろしゅう!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

海外で撮ってるレアアイテム

2009年 06月 19日 (金) | 編集
ちょっっ!! コラッ、止まれ!!

待って待ってーー! こっち向いて~~~!!

うおっっ!! 勢ぞろいじゃんか! きれいな顔、してるやん!!



すべてはタイミングだ。 



動いているとカバンからカメラを取り出したときにはすでに形なく。

止まっているとマニアな動きで撮る。

ときに動画で撮り続け。



アテクシが海外で発見してコーフンするもん、それは、



消防車!!! fire engine


St.P-day LAFD 2

アメリカのなんかのパレードで。 つか、ファイヤーファイターってホント、アメリカではヒーローですな。



消防隊員の人たちも好きだけど、あの真っ赤な消防車が好きなのよ! 

国によっては黄色い車体だったり、赤色等が青い国もあるのよ。



飛行機乗るときも窓側確保。 だって滑走路に行く間に消防車を見たいから。 子供か、自分www



空港には必ず空港用化学消防車ってのがある。 水で消火活動するんじゃなくって、薬剤でドチャ!!とぶっかけるわけですよ。


手入れされているドスコイな消防車が頭そろって車庫に入ってるって、 壮麗! 圧巻!

結構な頻度で見れるので、今度探してみてください! って、誰に言ってんだ…


消防車に関しては相当詳しいです。ポンプのタイプとか、シャシーメーカー、キャブ(人が乗る部分)、はしご車の長さ、消防車のタイプ、結構知ってるアテクシ。

家にもトミカとかディアゴスティーニの消防車を持ってる。 はしご車にも乗ったことがあるぞ!!(40m)  って、三十路オンナさむっ!! と言ったアナタ!! 正しいからユルス。


消防車は撮るのが難しい。 特に動いているのはレアなのだ!


この頃は何気なくコンパクトデジカメで撮ってるのと、なんとなく記録用に撮ってただけなので不格好だなー。

C-1.jpg

ハイ、カメラ間に合わずおケツだけ。  

カナダのトロント。 Canada / Toronto




・だいたい消防車が走ってる姿をあまり見ない

・消火活動中は撮影しない

・空港では撮らない



だから難しいの~~~

Au.jpg

かろうじて・・・ こんとき消防士のおっちゃんが手を振ってくれた。 ヘンなアジアオンナと思われたんだろうな。 機能がコンパクトにそろった消防車だなー。

オーストラリアのアデレード。 Australia / Adelaide



経済大国はちゃんとエリアで消防署がある。日本もそうだよね。地元の消防署の場所ってみなさんご存知のはず。


だけど旅をしてて気がついた。


途上国はあまりにも消防署ってのが少ない。 燃えたら燃やしっぱなし、って感じなのか?

そこに予算があまりまわらないんだろうなぁ・・・。


Tu.jpg

トルコのカッパドキア。 Turkey / Cappadocia

地元の青空マーケットに何気なく置いてあった。 消防隊員はどこだ? 消火栓とかあんのかな。
 タイヤが多いから馬力がある消防車。 手入れちゃんとされてるね、おぬし!




t-1.jpg

タイのカンチャナブリ。 Thailand / kanchanaburi

どっかの国の中古車か。 ぼろっちぃ水槽車だけど、ちゃんと水入るのかな。使いっぱなしでかわいそう。




j-omake.jpg

おまけ。 消防車じゃなくってよ!!


ヨルダンのアカバにあるマクドナルドはデリバリーしてくれるらしい。レア! アラビア数字じゃないとこにターゲット層が垣間見えるな。

※アカバはエジプトへむかうフェリーとイスラエル国境エイラットに近い港町

CIMG3366.jpg

世界ご当地マクドナルド。 マックアラビア!

2.29ヨルダンディナール。 日本円で310円くらい。  このピタパンがいかにもアラブのパンでこの頃には相当飽きてた。

そいえばニュージーランドのマクドナルドでキウイバーガー食べたな。赤カブみたいなビートが入ってて、でも、キウィは入ってないから!!(キウィとはニュージーランダーの愛称。)

→ 今ではもう販売中止になって久しいとか。 アテクシが食ったのは1999年だもんな。ザンネン。


消防車、まだあるけどいずれ!


最後は話、トビまくりだな。。
話、いっつもまとめられなくってスンマセン・・・
応援クリックをどうぞよろしゅう!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

たまってます

2009年 06月 17日 (水) | 編集
生まれて30年経ってもまだ治らないクセがある。


気に入った本があると片っ端から買っちまう!!


読まずにお蔵入りされる本もあるわけで・・・


同時平行で数冊を読んでいる人もいることでしょう。 読み終わるごとに1冊ずつ買う人もいると思う。
アテクシはというと、同時平行で数冊を読んでいる。

移動中はこれ、寝る前はこれ、一番アツいのは最優先。 お風呂で40度くらいのお湯につかってゴルゴ13。


本はたいていアマゾンの中古で買う。中古1円+送料なのだけど、新品より安いし。

なのにこの間、1週間に1度の本屋回遊をしてたら新刊も発見。


CIMG8915.jpg


↑ ウェイティングかかってる本たち


つか、先が気になる本が重なって焦ってるアテクシ。すっ飛ばして読みたくないし、でもこっちもあっちもおもしろいし、で、段取り悪くてどーしよどーしよ、本を読むにもカラマワリ。 アテクシの人生そのまんまじゃねーか・・・


天使と悪魔は一度読んだのだけど映画で見たいので再度読み返し中。 これは急ピッチで読んでいるけど

『超伝導長大型粒子加速器』 とか 『大型ハドロン衝突型加速器』 だの、宇宙語が出てくるわけよ。 アテクシのそっち方面の学術用語が出てくると完全ショートなわけで。


萎えるわけで。



そんなわけで。




小さい頃から松本清張の金田一シリーズが好きだった。 TVドラマの方だけど。 こえぇ~~!こえ~! 言いながら見てたのよね・・・  ←どんなガラスの十代だよ


いつもビデオレンタルで金田一とアメリカンコメディ映画を借りていた中学生のアテクシ。

あ、話それますが、アテクシ、アメリカンコメディ映画大好き! 有名どこで言うとAmerican Pieみたいな! 好きな方おられます? くだらなくて毎度爆笑してしまう! LoserとかRoad Tripとか好きな方、同志よ!




えー、ゴホン。。 ホン・・・ 本の話に戻ります。



で、写真に 『熱い絹』 とありますが、これは松本清張の小説。 


タイに行った方ならご存知の方も多いと思う。 ジム・トンプソンが築いた、タイシルク産業。

1967年、彼はタイで世界的にタイシルク産業の発展で大成功を収めていた。 

だけど休暇で訪れたマレーシアのキャメロンハイランドというリゾート避暑地に行ったまま忽然と姿を消し、大規模な捜査にも関わらず二度と見つかることはなかった。

CIAの前身であるOSSという機関で諜報員をしていたこともあって、誘拐、事故、暗殺なのかまったく手がかりがないまま、現在でもその行方はわかっていない。


っつーー実話があるわけですよ!


その事件を元に松本清張が書いている小説。 読んでいると気分はジャンゴー! マレーシアの古都の中! マレーシアはマレー鉄道に乗ったらすぐタイに移動しよう、と旅計画を立てていたけども、このキャメロンハイランドってとこ、行ってみたくなっちゃった。 アラ~~



他の本は 『世界の宗教がおもしろいほどわかる本』 ってもん。

図入りだったので旅前にいいと思って購入。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、儒教、仏教、道教、神道、ヒンズー教について書いてある。 最後は現代人と宗教、というテーマ。


サラっと立ち読みしてアテクシ愕然・・・ 

仏教、道教、神道の違いすらよくわかってないじゃん!!  (;・∀・)



ってことで、映画にもなった山岳小説の 『剣岳』 や尊敬申し上げているYOSHIKIの自伝はもう少し読み始めるのが遅れそうです。


お勧め本があったら教えてください!
ノンフィクションが特に好きです^^
応援クリックをどうぞよろしゅう!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

梅雨入りはワクワク

2009年 06月 15日 (月) | 編集
ああ!!!

今までのアテクシが懐かしい・・・・


梅雨入りはうれしい時期だった。 だって・・・ だって・・・


ボーナス支給のハッピーマンスだった!! 



それが今じゃ・・・

過去形だ。



ボーナス入ったとたん、『アタス、半年がんばった♪』 って好き放題つかってた、あの頃・・・ 



ネイルに行って、

     夏に向けてお手手もキメてくわよーー!



まつげエクステーー!って夏に向けてカウントダウンで、

     慣れないまつげに目をこすっちゃうのよ!!     


夏服買いまくって、

     ワンピ着てウフフ~あはは~ ジョニィー!なサマーなのよーー!



夏の音楽イベント(サマソニよ、サマソニ!)の通し券買ってホテル予約して泊まりでライヴ、
 
     歌いまくり、踊りまくり、食べまくり、脳内開放しっぱなしのサマソニでーー!!


昔からボーナス入ると、パソコンやら一眼レフやら、新しいデジカメとか、時計とか買ってたけど、




社会人生活で得た全収入はいったい全体どこに消えたのだろう??


多分、社会人生活5年もしてる人だったら一度は考えたことがあるはず。



アテクシの社会人生活は5年ちょいだけど、単純に計算してもウン千万円の所得があったはずじゃん!!



今アテクシの手元にあるのは・・・ ありえねーーー  本気でめまいがしてくる。。。



旅はプライスレス♪

とかって、世界一周目前にして、全然真実味がねーぞ!!!  ・・・イヤ、あるけどさ・・・ あるけどさ・・・ さ… 


合コン三昧で浪費したあの自分を殴りたい。  




つか、今、チベット入国のパーミット取得がかなり難しいということが判明しすんげーー落ち込み中です。

2007年にアテクシが旅っていたときはたくさんの旅人と情報交換してさ。

多くの旅人が中国からチベットに行っていたんだよね。 それが今じゃ中国からツアーに入らなきゃパーミットが取れないんだ・・・  ってことは、中国にリターンしなきゃなのか?! 


ガーーーン…


アテクシの世界一周グランドルール(こだわりルール!)の一つにチベットからネパールに入りたい!! たい!! たい!!! っつーのがあるんだけど、無理っぽです。


そいえばブログに


『三十路旅人の世界一周グランドルール ~嗚呼、いたいけな独り言~』 を書いたことがなかったな。


チベットからヒマラヤ越えてネパールに入りたいの! ランクルチャーターしてネパール入国するの! 亡命したチベット人が歩んだルートをたどってみたいの!!


って、第一にあったんだけど・・・


ハァ・・ ショック。



今度、アテクシのこだわりルールについて書いてみます。 誰も聞いてねーー イヤ! 話す!! 


コメントのお返事遅れてて申し訳ないだず!
非公開コメントをくださる方々、いつもありがとう!!
応援クリックをどうぞよろしゅう!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

あなたは何派?

2009年 06月 09日 (火) | 編集
初めてゾウに乗ったのはタイのチェンマイだった。 タイでゾウに乗り、エジプトでラクダに乗り、馬に乗り、ヨルダンでロバ。 


そうそう、これらって全部それぞれ乗り心地が違うんですよ!!


オトコ 『ねぇ、ちょこぼのタイプは何? 俺はちょこぼ派、なんつってー♪』

アテクシ 『ラクダ派だね、やっぱ。』

オトコ 『・・・。じゃさ、カラダはがっしりとスラリとどっちが好き? 俺はどちらかとスラリとしてるけどさ~!』

アテクシ 『やっぱゾウはドッシリズッシリ歩くけどユラユラがいいよね! でもラクダって上下にグイーングイーンみたな!』

オトコ 『・・・。』

アテクシ 『ロバはロバでかわいいし。歩くのおせーんだわ、これが!!』


お得意の妄想劇は今日も全開。



オトコのタイプより動物のタイプの方が熱く語れるアテクシですが、デートでも会話がかみ合わないとかそこまでKYなアテクシじゃないです。多分。  まぁ、オトコのタイプとか結構どうでもよくなってきてる三十路だけど、


乗り心地ではアテクシはラクダが好きだ!


いうなればゾウは気持ちがいい、ラクダはおもしろい、馬はエラい人になった気分で、ロバは 『イエスも乗ったんだー』 感慨深くなってみたり。  


機会があれば乗ってみて欲しい! 気持ちがいいっっ。



相変わらず話しは寄り道しましたが、本題です。


チェンマイのゾウに乗ったとき、隣にいたのはドイツ人のおっちゃんだった。

娘2人が東南アジアをバックパッカーしているということで、父ちゃんも休みを取り娘と合流したらしい。 一緒にバックパッカーで旅行をしていた。 


まさにアテクシの将来設計図じゃんか! 子供とバックパッカー! 海外合流! 


姉妹が一緒にゾウに乗る。 娘に会いに来たのにハブり気味なパパはアテクシと乗ることに。


"グ、グーテンターッグ。 ヴィーゲーツ?" Hi, how are you?


大学卒業後初めての生きたドイツ語会話。 ス、スゲー! 通じるぜ! スペイン語をとれば良かったと激しく後悔をしていたけど、このときだけはドイツ語に感謝。 ・・・今ではやっぱりスペイン語にしときゃー良かったと猛烈後悔だけど。


『カメラ! カメラ!!』

タイ人ガイドがゾウの下から写真を撮ってくれるらしい。 タイ人ガイドがゾウの足と比べると丸太とマッチ棒な感じだ。


あまずっぱい初体験ゾウ乗りを撮影☆ 


カメラを渡して撮ってもらったそこには、



DSCF0056.jpg



肝心のゾウの顔が写ってないやんけ!!!

  改めて見るとヒデーな、これ・・・ 目線モザイクwww


ゾウの乗り心地は気持ちがいい。大きく上でグラインドをする。空気の中を大きく波打つ。 

余談だけど、おっちゃん、ゾウに乗るっちゅーのに果敢にも短パンを履いてた。 降りたら案の定、足に赤いブツブツ。 考えればわかると思うんだけど!! 白人旅行者は無謀な短パン率が異様に高い・・・ と思っているのはアテクシだけではないはず! アテクシにはそんな勇気ない。



グワシッ グワワアァシッッ



ゾウが立ち止まって前足で何かを掻く。

何してんだ? 横からカラダを出して下を見る。



ガシシッッ


ゾウは左足で足元にある岩を蹴っている。崩れた岩を軽くつぶして小さく砕く。 なんだ? 砂遊びか??

そしてゾウはその岩と砂をなんと鼻ですくって、それを口に入れたのだ!


おぉおぉーーーー!! これはもすかすて、ミネラルを取ってるとか?

ゾウが砂食べてるとこを実際みると感動しますって!! 動物園とちがってとてもワイルド


インドで、砂壁とかレンガを食べるミラクルなおっさんがいたけど、ゾウも同じことしてるじゃん!! ムックじゃないんだし。 →そんな衝撃ニュースはこちら


DSCF0054.jpg



あ~~~ タイ行きたい・・・


ゾウのオスッコは周りが大洪水になります。
応援クリックをどうぞよろしゅう!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

雲がない空

2009年 06月 07日 (日) | 編集
ブラジルからフランスに飛び立った飛行機が墜落し、多くの犠牲者が出ていること。

毎日どこかで殺人事件のニュースがあり、

先日は初めて自分の知人がTVのニュースで名前が出た。 仕事帰りの帰宅途中、赤信号で突っ込んできた車の接触事故で巻き添えになった。

たった5秒でもあの場に着くのが遅かったら、彼女は今でも、海外で医療活動をしたい、と言っていた夢を叶えるために仕事をしていたかもしれない。


きっと誰もがあまりに突然の出来事で、本人もそして家族も友人も周りの関係者も、その言葉にできない心の空洞をどううめてもいいかわからないことだと思う。


私の周りでも今、2人が入院をしている。 先が難しいかも、と先生に聞かされた。

本人たちには知らされていない。 家にいつ帰れるか、とか、庭の様子が気になる、とか、お仏壇のお花のこととか、『退院したら温泉に行きたい』 とか 『おいしいものが食べたい』 っていうんじゃなくって、いつもの日常生活に戻ることばかり話してた。


庭になってた緑のプチトマトを写真に撮って現像し、それを持っていったら枕元に置いてくれた。『次はもう赤くなるね。』 そして病室の外で泣いた。



この今日みたいな空が大好き。 大きくて青くて、風が梅雨と初夏のにおいを運んでくる。 田舎から送られてきていたさくらんぼを食べる。 種がちょっと大きくて、白と赤のグラデーションが小さなビー玉みたい。 今の時期になると、『今度は桃が届くな』、そして『今度はぶどうが届きました』。


風は穏やかで気持ちがいい。



今、私が事故に合って死ぬことになったらどうなるんだろう。

もし私が旅中に何かあったら家族はどう思うだろう。

私が日本にいないとき、家族や友人、知人に悲しい知らせがあったら、私はどうなるんだろう。



『死というのはいつも隣り合わせ。死に向かってるとか、死が近づいている、のではなくって、すぐ横にあるもの』

母校の先生の家で部活仲間と集まっていたときに、先生が言った。 

隣り合わせ、ってよく聞くし、頭では理解していたつもりだった。 でもそれは 『つもり』 だったんだ、って最近思う。



自分の身近で入院者がいて、1呼吸ごとに歳をとっていく親のこととか、大事な人が苦しみうめく姿を見て、人ってギリギリのところで生きていて、その中で生を選び、生に執着し、

庭のサボテンの花が咲いたことに喜び、

おじさんの手でもぎ取られたさくらんぼの甘さに涙を流し、

その人が生み出すピアノの音に胸震え、

生きてる人のエネルギーに支えられて、みんな弱いからみんなで生を共有して、そこに尊厳があって、そういう輪でつながっていくんだろうな。


今、その輪がプツリと切れそうで、切れてしまった人もいて、その近くにいた人はもっともっと悲しみ苦しんで、でも私の力ではどうすることもできなくて、


私はその人たちに何ができるだんろう、ってもがく。


ときにそばにいることですら、その本人にとっては辞めてほしい、というときもあるだろうし、

この雲もない空の下、人の心も雨上がりの空みたく黒い雲とか流せちゃえばいいのに。


私の部屋から見えるいつもの光景の中で、どうしても神様に祈らずにはいられません。


明日は満月。だけど雨かな。
今夜は海で月を見てきたい。

ゲイを食らう!

2009年 06月 05日 (金) | 編集
ただ座っているだけで文章が書けるかといったらそうではない。座っているだけで仕事が舞い込んで稼げるソープ嬢とちがってアテクシはそんなご身分ではないのが哀しい。 

自分の足でいろんな場所に出歩き、しゃべる(『ぶ』ではない)、遊ぶ(お戯れではない)、食う(オスを、ではない)、そして撮る。


こんなろくでもないアテクシに気をかけてくださっている方がおられます。 パパではないぞ! おっさんだけど、パパではない!!


落語評論家で笑芸作家の畠山センセー。

3秒に1回はシモネタのため会話が成り立たないこと多々にあり。しかし落語評論家だけあってトークに洒落がある。テンポもいいし、勢いがある。 テンコの勢いは最近直滑降らしいけど。


で、このブログもシモりすぎるといろんなとこから苦情がきそうなのでそろそろやめて本題です。


3月末に隅田川の花見散歩。 『3分咲きで、全然咲いてないじゃん!!』 センセーとボケた桜よろしく毒づきながら着いた先は、浅草芸人たちが集う浅草某所。


今回行くのは3回目。

その名も・・・


捕鯨船!

住 所:東京都台東区浅草2-4-3
TEL:03-3844-9114
営 業:平日 17:00~22:00 土日 16:00~22:00
定休日:木曜


HK010295.jpg

昭和なにおいがプンプンの浅草名物店。



『鯨(ゲイ)を食って芸を磨け!』


な捕鯨船なのです。


HK010296.jpg

畠山センセーとアテクシ。


センセーに仲間6人と捕鯨船に連れて行ってもらったのでした。


何より有名なのはオーナーがビートたけしの兄貴分で、浅草芸人たちの面倒も見ておられる元芸人の河野さん。 今は浅草の町を活性化させるために、浅草がんばる会会長さんもされてる方。

こないだは 『たけしのダレでもピカソ』 や 『ソロモン流』 に出てたなぁ。 何がすごいって、たけしがしゃべるのをさえぎって河野さんの独壇場になるとこ。



中はカウンターが並び、行くたびに芸能人がいたりする場所。2回連続でロバート・ボールドウィンがいたときは本気で背中のチャックを探したぜ。
あのヒゲモジャ外国人タレントね。からくりTVの。


店内は壁にいたるところに書かれている有名人たちのサイン。駆け出しの芸人サインとかもあるらしい。


CIMG8763.jpg


何より目立つのは


CIMG8762.jpg


ジョーー!! 明日のジョーーやんけっ!!!


いろんな人が控えめに書いてるサインの中でぴか一目立つ。 日本人ならダレでも知ってる明日のジョーだ。 納得。



中ではクジラ三昧と名物モツ煮。 モツ煮はビートたけしの好物なんだって。夜になると上に上がって降りてこない河野さんが、仲良しな畠山センセーが来たってことで降りてきてくれた。


そこから始まるしゃべりトーク30分!!! 展開はえぇ~~~

クジラそっちのけで延々笑いが絶えないのだ。腹がよじれてクジラが出るかと思った、ホントに。



河野さんは以前、脳梗塞で倒れ右半身に麻痺が残った。今ではピンピン歩いているからまさか!と思う。 それでもお店に立ち、毎日モツ煮をかき混ぜ作って、リハビリしながら復活した方。


気は病をも乗り越えるものなんだなぁ。。。



奥の座敷で盛り上がる。いろんなサインに囲まれるアテクシたち。


『おまえ、そういえば何してるんだ?』

話をふられるアテクシ。

『旅しながら写真撮ってます』

中東人の鼻毛飛び出てる確率の高さに驚いたり。

『こいつは鶯谷でソー・・・』

センセーが話しに割り込む。鶯谷、行ってないってば!! 30歳のアテクシ、すでに限界値超えてるし!←そういう問題ではない

『へぇ~~ 写真撮ってるんだ?』

『そうなんです。世界っておもしろいことがたくさんで。』

特にミラコーだったのはケツ毛がワッサーなオトコ(日本産)でした。 狼男発見かと思ってコーフンしました。

『こいつはね、今度世界一周に出るんだよ』

めでたく婚期を逃したおかげでどこまでも自由なもんで・・・


『オォーー!すげぇな! 


じゃぁさ、オマエ、有名になる前に

ここにサイン書いとけ!!!!



い、今なんと?!

ホントにいいのけ??

気が変わらんウチに、そんじゃ今のウチに・・


CIMG8759.jpg


ってどこ・・・?


CIMG8760.jpg


肝心なときに自己主張ができないアテクシ・・・ 左のほーにちっさく・・・ しかもサインじゃなく署名じゃねーか、これじゃ!
 
しかも柳沢真吾の上やん!!! 今気がついた。


お店にまた来ます! でも、女の子2人で入るにはかなり勇気がいる・・・って言ったら河野さん、

『女の子だけでもいいよ!』

と。

HK010294.jpg

ありがとう!!


河野さんと話していると元気が出るんだよね。 エネルギッシュで人のことを考えてて、人を選ばずたくさん話してくれる。 こういう温かさっていうのが下町人情なのかな、って思わせてくれる。

昔は雷オヤジなくらい客とケンカしたりしたそーだけど(これが下町気質か!)。 旅に出る前に河野さんにもご挨拶をしていかなきゃな。


捕鯨船、クジラの睾丸とかもあるのでぜひ!
応援クリックをどうぞよろしゅう!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

がんばれアテクシ

2009年 06月 03日 (水) | 編集
『ちょこぼ、今夜のキミはとってもキラキラしているね』

『ウフ。そうかしら? そんなこと言われたら照れるわ… ポッ

『オレ、もうちょこぼとずっと一緒にいたいよ』

『一緒にいようね(ハァト)

『ホラ、あの花火みたくキミはキレイで』

『アテクシ、花火みたく生きたいのよね~~』

『え?』

『こうさぁ~ パッとこう、瞬間の美学っていうの? なんか魂の爆発みたいでさ! 花火は花火でもヘビ玉はモリです

『・・・。』

『来年の夏はこの花火も見ることはないけど、今夜はいい夜ね♪』

『来年もいっし・・・』

『来年の夏はアフリカ大陸横断中~~ 花火じゃなくってヌーの大移動~ ウハーーーッッ!!』

『・・・。』

『ってか、花火より雲の間から見える月の方がキレいだね。



ハイハイ、言ってみたかったんですよ。 


【花火デート → 夜景の見えるホテル予約済み → ちょこぼ、今夜は帰さないよ → アーレェェ~~♪】 とかいう方程式に誘われてたらこんなこと吠えてませんよ。 噛み付いてみただけですよ。 遠まわしに誘え、って言ってるわけじゃ~~ないですからっっっ。  ← あ、誘ってください。



独身三十路旅人の得意技、妄想デートを一人激しくしながら向かった先は横浜中華街。 



6月2日は横浜開港記念日 今年はめでたく150周年! 横浜みなとみらい周辺は開港祭で盛り上がっている・・・ 

はずなのだけど、

『予算が全然回ってこない!!』

っつー苦情がいろんなところから聞こえてくるのは気のせい? 今年は花火大会、1つ減ったし。


アテクシはこの、開港記念日を横浜で迎えてから旅に出ようと思っていたからワクワクだったけど、いざ開港祭が始まっても ウ~~ン・・・ みたいな。 横浜市民より修学旅行生とか市外の人の方が多いんでね?



中華街近くに小学校の同級生が住んでいるので、そのマンソンの屋上から花火を見るってことになった。


友人まいちゃんと、夕方になってもバッテリーの切れない太陽電池満タンな5歳と2歳のミニチュアマリオとルイージ。 


腹が減ったぞーー せっかくの中華街、ンまいモン、食べたいぞ。

『普段は激混みなのだけど花火大会のおかげで中華街ガラガラだよ!』

ほぉ。 そうか、みんな今はみなとみらいに行っちゃってるんだね。 確かに人がいない。そこで普段激こみっくすな店に行ってみた。


横浜中華街 『梅蘭』(ばいらん)

(都内だと六本木ヒルズにあります!)


ここの梅蘭やきそばが有名らしい。 

なら、その有名やきそばとやらと食らってみるっきゃないだずよ!!


そして運ばれてきたのはコレ。


CIMG8890.jpg


な、 なんかのバツゲームか??


焼きそばを注文したんだけど?


『ここの焼きそばは、周りを焼いて卵で固めて、中にあんかけが入ってるんだよ!』


子供の面倒みているまいちゃんに取りわけさせる気のきかないアテクシ。そして先に食らう。

CIMG8896.jpg



ハイ、今、すんげーー食ってみたいと思ったアナタ!! マジでウンメーーです!!!!


マリオとルイージに箸袋で飛行機作ってと言われながら手裏剣を折るアテクシ。 フフッ。バックパッカーな旅をしているとき、手裏剣を紙で作ると超人気者になれる法則、日本でも通用するぜっ。


折り紙していたらあと5分で花火が上がることに気がつく大人2人。 急いで店を出てマンソンの屋上に駆け上がるっっ。 ついてこいっ、マリオ兄弟っっ!



あの一瞬に花火を作った人、打ち上げる人、見ている人。 桜とか花火を見るときに抱く感情って、日本人特有だよなぁ。。

繊細なのにあの存在感。 形残らぬものに命をかけてる。 桜を愛でる日本人の感情と同じで、こういうのを感じられるとき、日本人でうれしい、と思う。




キレイだね。 ブレまくりだけど。  あんなに、あんなに・・ あんなに!!

CIMG8898.jpg


大きく見えるじゃんーー!!


CIMG8904.jpg


ズームしないとあの辺り。


遠いのは気のせいだ。  多分。


近くで見るとマリオとルイージが花火の音で泣いちゃうので、このくらいの距離が良いのだ。


右に見える億ションで良く見えないとか、特権階級の方々のマンソンがうらやましいとか、そーゆーーのはないわよっっ。 決して、決してっ、決してえぇえぇぇ~~~・・・(心の叫びがエコー)




今年最初の花火でした。 今年の夏は熱海の花火にも行くよー YO YO!!


熱海海上花火大会

夏--20:20~20:50
 7/26(日)・7/30(木)
 8/5(水)・8/9(日)・8/20(木)・8/23(日)・8/29(土)


花火もっと見たい!!



お勧め花火大会があったら教えてくださいっ。
応援クリックをどうぞよろしゅう!
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  [ HOME ]   

明日の地図帳を歩くTOPページ | 著作権について | 個人情報について | credit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。