[ HOME ]   

スポンサーサイト

--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年ありがとうございました!

2008年 12月 31日 (水) | 編集
2008年、こちらのブログを読んでくださっている方々みなさまに本当に感謝します。

ありがとうございました!!



思えばこのホームページを開設したのが5月頃で、ブログも以前のところから引越し、またプライベートでもこんなに動いた1年はなかったというくらい、本当にたくさんのことが起こりました。


自分の身をあるべき川の流れに乗せたらこんなにも ゴォ~~~!!! と流れていたのか!! みたいな感じで、そして出会える人もああ、出会うべくして出会ったんだな、って思わせてくれる人たちばかりで。

このブログの読者さんたちも、私が思っている以上にすごくあたたかい、力強い目で見ててくれている、ってヒシヒシと感じています。
私にとってはブログは大事な場所です。


2008年は世界を旅しながら見て、感じてきたいことを人に話したことからいろいろなことが動きだしました。


たくさんの人に出会いました。自身が持つアーティスティックなところを最大限に生かして生きている人たち。
その人たちから多くのエネルギーをもらい。

ゆるぎない大地から孤高の英知を感じ、自分自身の存在意味を考えたり。

人も地球もみーーんなつながっている変わらぬものがあるんだな、って。



今は、大事な友達と過ごす忘年会も、家族と過ごしたクリスマスも、尊敬する人たちと過ごす夜も、来年からのことを考えるととても尊い時間で大事に過ごしています。


1月は正月明け早々に母校の世界史選択をしている高1~高3対象に旅やリアル世界史、そして私が見て感じてきた世界をミニ講義することになってます。 楽しみ~~!!

大量の写真と動画をスライドで見せながら、キレイゴトじゃない世界を伝えたい。



シドニーのユダヤ人博物館でアウシュヴィッツからの生還者と会ったこと。

エジプトの砂漠の民から聞いた、彼らの民の女性は女性性器を割礼されていること。その理由を聞いて、調べて知ったアフリカ女性の事実。

たくさんの場所で出会った働く子供たち。裕福な子供たち。

無差別テロがあった場所にあった石碑。




そんな事実も伝えたい。 世界は動いてて。たくさんの血の上に成り立ってて。旅をして知った日本の美しさ。 私は日本人であることを誇りに思っている。



カトリック系女子校の我が母校の生徒が 『バックパッカーな旅』 からして理解の範疇を超えていると思うので(そりゃ無理だわ!)、そこからの説明ですが…。

ってことで、母校にバックパックを背負ってかち込み、まずは現物から見てもらおうと! このクソ重いバックパックを背負ってみてくれっ!!と。


出入り禁止にならないように気をつけます。

正月は自宅で資料を調べたり、パワーポイント作成で終わりそうです。



しかし!! X JAPANのファンを(イヤ、もうファンという域を超えているんだけど)15年ほどしてて、今年は年越しライヴがあるのでお台場会場でカウントダウンライヴ行ってまいります!!!


すげーー楽しみだぞーーーー!!!! 猛烈暴れてきます!!



私の旅は春からです。 それまではまだ日本からたくさん発信していきます。 いつもみなさんに助けられています。



本当に今年はありがとうございました!!


堀内知代子

IMG_2119.jpg


ハレルヤ!

 
スポンサーサイト

シナイ山で出会った

2008年 12月 19日 (金) | 編集
そもそも冷静に考えたらわかることだった。


数メートル先に何があるか良く見えない闇。

足元不安定な岩肌。

シッカリ歩ける頂上に続く道に人々が連なり。



信仰深いジ様とバ様は歩けないよね、いくら聖なる山でも自分の足で登れないよね。


大量のラクダと客引きが作り出す大渋滞スペクタクル。 
  
    どこもかしこもラクダくせーー!


客の横を歩くラクダと、客引きに失敗して下山するラクダとケンカしながら山を登る。
  
     ちょっと負けないわよ!! 先歩くのアテクシよ!!




エジプトのシナイ半島にある、聖地シナイ山。預言者モーセが神から十戒を授かったと言われる山。

聖歌やキャンドルを手に人々は歩く。ラクダのおケツを目の前に、尻尾に頬をパシパシされるのに気をつける。 ただし、ンコを踏むのは避けられない。


時間は夜中の2時を過ぎたところ。 ラクダの客引きと格闘しながら、アテクシは山を登り続けた。


前回の続きです。 こちら からお読み下さい!


    ◆    ◆    ◆    ◆


漆黒の空にどこまでも小さい星が見える夜。見上げると偶然見つけられる流れ星はもはや偶然ではない。遠くから歌声が聞こえ、歩いてきた下を見ればどこかの人々が光のラインを作っている。


『キャメル~~ ノラナーイ?』

『だからいいっつってんじゃん!!!』

『ヤスイヨ~~』

『アテクシは自分の足で歩くのよーー!!』


ゼェゼェ… く、苦しい・・ おいてけぼりか。 のび太はいつもこんな気持ちなんだろうな、と思いを馳せる。


普段から山を登らないアテクシがいくら聖山といえども信仰もないわけで、しかも欧米からのジ様とバ様はラクダに乗ってどんどん先に進むのだ。

『早く頂上イキタイワネ~~ オホホ~~!』

     おめーら! 自分の足で登って信仰心高めようっちゅー思いはないんか!!



聖なる山を登りながら心がすさむアテクシ。


『ちょこぼさん、 水1本持ちますよ』

旅友ヒー君の言葉に神をみた。




CIMG3550.jpg

     ↑ 下山するとき太陽が昇ってわかったんだけど、こんなところを登ってたらしい。



『ヨシ! アテクシがんばるわよ!!』

ふふっ。100均で買った懐中電灯、コレ、今回の旅で役立っているんだもんね~。 アテクシはバックパックからそれを取り出した。

トルコの安宿でシャワールームの電気がぶっ壊れてたとき、これがどんだけ役に立ったことか。 ペンライト式ではない、筒型で壁掛けもできる万能タイプなのよね。 フフ。


足元は暗い。



秘密兵器 スイッチオーーーーン!!




・・・・・・。


ポチッ


アテクシはライトを消した。


立ち止まる。



・・・・・・。



いや。わかってはいたんだけど。


やっぱアテクシも女の子なワケですよ。



そりゃエジプトの砂漠、乾燥していたから良かったかもしれないが、



どこをみてもラクダのンコだらけじゃないか!!!!

どんだけの試練の山だ!!!!



先進国の馬車のオケツにあるンコ袋みたいな気の利いたものはない。ここは自然だ。アテクシたちも自然を受け入れなければなるまい。 そうか。 人間とことんまでイケば何事も受け入れられるようになるってことなのね。



アテクシはンコロードを進む。


・・・。



ム、ムリです!!!!


あのなめらかソフトな感触がやっぱり慣れません!!!



祈りながら山を登る?? ハイ? アテクシそんな寝ぼけたこと言ったっけ?? 現実を見なさいっ、現実をっっ!! ザメハッ!!



『ラクダに乗ります!!!』


旅友ヒー君は歩くと言う。 しかしここからが本当の試練が始まる。

長く厳しく終わりなき客引きとの値段交渉。 アラブ商人はカタコトの英語でこちらの空気を察してかラクダに乗りたいオーラを放つアテクシのところにやってきた。


『キャメル~~ 50ポンドー(1,000円)』

『キャメル~  60ポンドー(1,200円)』




たけーー!! たけーー!!! どこもたけぇーーー!!!


アテクシの1週間分の宿泊代が1回のラクダで飛ぶのか??! イヤ! それはムリ!! でも、、でも・・・ ンコもムリ!!!


『キャメル 35ポンド(700円)』


相場の中でダントツ安い価格を言ってきたオヤジがいた。


『え? マジで? 35ポンド?』

『イイヨ。ちゃんと最後までイクヨ』

旅友ヒー君と顔を見合わせる。こいつ、安いこと言ってるけどホントに大丈夫なの? 途中ルート外れて、岩陰に隠れた悪者登場で、そんでもってアーレーなことになったりしないよね??


『オレ、一緒に下を歩きますから、大丈夫っすよ!』

アテクシはその安いラクダに乗ることにした。


背の高いラクダが立ち上がった。 後ろ足を伸ばしてから前足を伸ばすのに合わせ、アテクシも体重移動をする。


『ア…』


そして次の瞬間、アテクシは旅をしていると必ずぶつかる気持ちに、どうしていいかわからなくなった。



子供だ。子供がオヤジの後ろから現われた。

オヤジの子供がラクダを引くのだ。

だから他のラクダ引きより価格が安かった。




旅をしていて、何度こういう場面に出くわしたか。


アテクシたちは価格の安い方を選びたい。同じサービスならば安い方がいい。

でも子供だ。太陽の沈んだこの夜中に、寒い山をラクダを引いて登ってきた。 子供が引くからラクダは安い。




どうしよう。



たとえここでアテクシが乗らなくても彼らは次の客のところへ行くだろうし。

これは彼らにとっては食って行くための仕事。金が必要なのだ。

子供がラクダを引いてここまで来たのに客にありつけなかったら、彼の仕事の意味がない。



それでも、 それでも… 


   子供がアタマにヘッドライトをつけてラクダを引っ張る、その上にアテクシは乗るのか。



・・・。


そしてアテクシはラクダに乗った。


途中ラクダや人が休憩できる場所についた。頂上には最後、自然の石で出来た大きな階段(自然の岩)をよじ登る形で行かなくてはいけない。だからラクダとはそこで別れる。

子供はアテクシが乗ったラクダと一緒に、『写真を撮るよ』、のポーズをした。アテクシは写真を撮ってもらい、オヤジに見えないようにチップを渡した。


ここは聖地シナイ山。 キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の聖地。そんなこと、アテクシにはどうでもいい。


次に続く



カレンダーは数部ですが今月末に再度ウェブから販売予定です。
こまめにのぞいてみてください。ご迷惑かけてスイマセン。
応援クリックよろしくお願いします^^
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

聖地シナイ山が表紙

2008年 12月 17日 (水) | 編集
『この光景を知っている限り、私は自分の人生に意味があった』

そう、思える場所に生きているウチに何度出会えるだろう。


もしかしたら人によっては場所じゃなくて経験かもしれない。誰かの一言かもしれない。 なんでもいい。 自分の人生って意味がある! って衝撃を受ける、ってなかなか出会わないし、後からジワジワと思い出すことも多かったりする。


それを今、まさに目の当たりにして、そう認識できるってことは、自分が思っている以上の出来事なんじゃないかな、って思うんだよね。


その一枚を今回、カレンダーの表紙に使っています。

000_Cover.jpg



表紙はすごく迷った。候補が2枚あってどちらにしよう~~ しよう~~ って3分悩んで、イヤ!! この3分間に真剣に呼吸を忘れるほど悩んだんだけど、で、やっぱり数千枚ある写真の中から

『やっぱりコレだ』

と、最初に思ったのを大事にしようと、表紙にこちらを持ってきた。

もう1つ迷ったのは一番後ろに入れた撮影ロケーションリストのところに持ってきました。(← ラスト1枚もこれはこれですごく人から『ここ、どこ?』と聞かれる1枚。ホント宇宙。)


表紙はエジプトの聖地シナイ山の頂上。


この山、アテクシが自分の足で登ったのだけど、イヤーーーー、すげーー大変だった!!!


アテクシ、山なんてそんな普段から登っているかと聞かれたら、んなことない。でも山は好き。すっごい好き。山って普通じゃない空気に包まれていて、なんというか、下界とは違った世界がある、、、としか言えないんだけど、そこはいつもの自分とは違う自分と出会う場所だったりするのかな、と思う。


聖地シナイ山はモーセが十戒を授かったところで、映画で見ると ドドォーーン! と父なる神が光(雷)とともにモーセの前に石版を現し、そこにいわゆる十戒


1.わたしのほかに神があってはならない。
2.あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。
3.主の日を心にとどめ、これを聖とせよ。
4.あなたの父母を敬え。
5.殺してはならない。
6.姦淫してはならない。
7.盗んではならない。
8.隣人に関して偽証してはならない。
9.隣人の妻を欲してはならない。
10.隣人の財産を欲してはならない。



ってのが記されている。

アテクシは信者じゃないけど、やっぱり登ってみたいものだず。


ってことで、エジプトの右側、シナイ半島(逆三角形の半島)の真ん中にあるシナイ山に登るため、紅海に面した小さい町、別名バックパッカーアイランドのダハブからアテクシは夜中から登山をすることにした。


こういうときは現地ツアーに参加するのが一般。 しかし宿にいた多くの日本人はもうシナイ山登山をしたという。 


え~~! 一緒に行く人いないじゃん! そんなんだったらアテクシ、絶対ムリだよ! 野たれ死ぬって!! 1人で聖山に登れるほど、精神力も信仰心もないし!!

道に迷って一人になって、ポツーンで、捜索に何千万ってかかって、我が家破産っていう結末になるんでしょー!! わかってんのよー!!


『ちょこぼさん、オレ、まだなんで一緒に行きましょうよ』

大学卒業旅行を1人でしていたT大学の好青年ヒー君が声をかけてくれた。 おー! 神降臨。さっそく宿で手配をして、翌日の夜から登山開始することにした。


『ちょこぼさん! シナイ山で水買うと高いから持って行った方がいいですよ!!』

すでにシナイ山に行った旅人が情報をくれた。シナイ山は別名ぼったくり山らしい。普段は20円の水が100円になるのだ。 なんて高額。貧乏旅人にはキツいってば!!! (今、たった100円ジャン!って思ったYOU! 1泊200円で泊まっているアテクシにしたら半額なのよ、安くない!!)

2Lペット1本と500mlをバックパックにつめるアテクシ。


『ちょこぼさん! クッキーとかも持っていった方がいいですよ!』

『リョーカイです!!』

『ちょこぼさん! 日の出が上がるまで頂上で待つんですけど、これがありえねーくらい寒いです!! 防寒着と寝袋は持って行った方がいいですよ!!』

『え、寒いんだ…』

『ちょーー さみーーです!!』


・・・・・・。



ときは7月。アテクシが持っていた防寒着といえば、フード付きウィンドブレーカーと薄いフリースのみだった。
登山開始は夜中2時過ぎからで、頂上は標高2,285m。水やお菓子を荷物を減らしたバックパックにつめこみ、日本のダイソーで買った懐中電灯の電池を確認し、そしてバンに乗り込んだ。



この山はキリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地となっているだけあり、人々が多くの場所から集まる。


『夜中にこれから何が始まるんだ!!』

っつーくらいの人がワラワラしているんだけど、でもアホみたく騒いでいないのがこの場所だからなのかも。



辺りは何も見えない。 草木が生えていない、ゴツゴツの岩と砂の山。 荒涼としてここがどこだかわからなくなる。


山の影が星空の下で見える程度。 星の下を歩いて茶色い砂と岩の聖なる山を登ってるのね。 そうだ、あの星を目指していこう。

聖書に出てくる12使徒が旅をしたのは、もしかしたらこういうところだったのかもしれない。

流れ星を探しながら空を見上げる。遠くから賛美歌が聴こえてくる。下を見ると光の線が見えて、ああ、多分あれは人々が手にしたキャンドルのラインなんだなぁ、って。



何百年も変わらない光景、そして



登山客の半分はいるラクダ引きとラクダが大渋滞を起こしていて、前に進めないアテクシ。


目の高さからはラクダのケツしか見えねーっての! アテクシの思い出の光景はコレで終わるのか??


『キャメール キャメール ノラナーイ?』

『いらないっての! キャメル乗らないっつってんじゃん!!』


またしても目の前にラクダ。すれ違うのもラクダ。 ウキィーーー(怒)!!!! 年末駅前でいかがわしい店のティッシュを配るがごとくラクダ引きが順番に声をかけてくる。 どんだけ粘着質なんだ!


『アテクシも賛美歌歌っちゃうもんね』 神聖な気持ちを持つ天使と、『ラクダ邪魔なんだけど!!! つか、クサー!』 な悪魔が自分の中で葛藤する。 ああ、これもまた一つの自己試練なのね。 さすが聖地、課題が大きい。自分に負けないように、心を静めるアテクシ。




ムニョグニャ・・・・



何か踏んだ。 





ラクダのンコだ。




プチッ・・・ 何かがアテクシの中で切れた。



頂上はまだ遠い。


次に続く。



カレンダーは数部ですが今月末に再度ウェブから販売予定です。
こまめにのぞいてみてください。ご迷惑かけてスイマセン。
応援クリックよろしくお願いします^^
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

カレンダー販売一時ストップのお知らせ

2008年 12月 11日 (木) | 編集
ま、まさかこんなにも早く販売終了になるとは思いませんでした…

ラストスパートで一気に大量オーダーをいただき、予想以上の速さでカレンダーの在庫がなくなりました。 (ウェブだけではなくて、いくつかの場所で販売しています)



って、告知からまだ10日なのに早すぎでしょ!!!! アテクシ、なにやってんのよ!!!

     数少ない読者さんとの交流の場なのにぃーー(泣)。


ご注文ができなかった方、申し訳ありません・・・。 リクエストが大量でしたら追加もある・・・ かも。


現在、追加入荷は未定です(現在調整中)。 もし多部数のオーダーをご検討されている方がおられましたらご連絡をいただけますと、ありがたく存じます。

また、ウェブのコンタクトからメッセージをくだされば、追加入荷があり次第、ご連絡を致します。


よろしくお願いします!

江川達也さんと対談します!

2008年 12月 10日 (水) | 編集
ブッ飛びなオファーをいただいた。


先日、

ケータイでフォトジャーナリストになって、社会の身近な問題を撮影してコンテストに出品してみよう


ってことで、記事を書いたのだけど(こちらの記事)、


この審査員となられている方々と対談させてもらえることになりました!!!


江川達也氏 と 香山リカさん~~~!!




ウハ! マジですかああぁぁぁぁ!!!!



どちらも難攻不落な方々ですが、イヤ、落とすつもりは毛頭ありませんが、どちらも強敵というか、強豪というか、恐敵。


しかも江川氏(注:詔子ではない)とは、彼の自宅で行うことになった。 


そいえばTVで見たことがある、あの、屋上にお風呂がある城じゃなかったか???


ああ、昨日の記事で書いた、800円の宿だの、2,000円の宿について文句をたれ、朝からトイレ10人待ちとか、夜中でも水シャワーとか、朝食の無料パンは焼くとラスクになるくらいスーパー薄切りとか、そんなん文句を吠えていた自分のレベルの低さに腹が立つ。


トイレと玄関がどんだけかシッカリ見てこようと思いますっっ ←そこかよ! でも興味ある…


冷蔵庫の中身チェックとかしたら怒られそうなのでやめときます。


って、そんなことはどうでもいいのよ!! 社会問題って、そんな大それたことはわかんないけども、江川さんや香山さんのような、人を追随させない強い意見を持っている方と時間を共有できることがうれしい。


江川さんは今週で、香山さんとは来週、座談会となっている。 あ、ありがてぇ・・・


一緒に行くのは今、ずっとアーティストショットを撮っているブラジル音楽ピアニストの今井亮太郎さん
彼も自分の意見を持った意思のある人なので、3人でどのような対談ができるか今からとても楽しみ。 今週バト・・・ トークしてきます。 



それにしても、今回審査員にアテクシの崇拝する野口健さんがおられるのに、彼とは対談の場がなく… 彼は一体どこにいるかホントナゾ!なくらい、神出鬼没に移動、行動、実働している。


ヒマラヤにいたと思えば、富士山のふもとで清掃、んで、講演会、フィリピンのレイテ島で戦没者遺骨調査、ツバル島、北海道…

野口さんとアテクシは年齢がたった5歳しか年齢が離れていない。 たった5歳!!!

アテクシも5年たったら、野口さんみたいな使命感を持って自分の生をまっとうしているかどうかわからない。でも彼は私の心の師匠です。 いつか絶対お会いできる!!


ハッ! また憧れの野口さんについて一人語りしてしまった。


江川さんと(詔子ではない)、香山さん(雄三ではない。あ、漢字違うか)との対談レポは後日アップします! 
アテクシも楽しみです!


うーん、どこからどうつながるかわからないもんです。。
応援クリックよろしくお願いします^^
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

==========================================
2009年度 卓上カレンダーが販売されました!

『地球の深呼吸』
000_Cover1.jpg

詳細、ご購入は こちら ! 年内中に完売になりそうです。在庫わずかになりました!
==========================================

カレンダー販売でうれしかったこと

2008年 12月 09日 (火) | 編集
カレンダーを発売して思わぬところでたくさんうれしかった。 ホントにいろんな方とコミュニケーションが取れました!


ってのも、読者さんってアテクシが思っている以上に、かなりアテクシのことを知っているというか、イヤ、知っているからこそブログを読み続けてくれているのかもしれないけど。 感激すますた。。


ありがとう~! いつも大きな励みをいただいてますーー!


ほんで、カレンダーの件で海外に住んでおられる方々からもコンタクトをいただいたのですが、 『世界一周に出たらぜひ我が家へ!』 と言っちゃって下さった方々!


あの、本気でアテクシ行っちゃうんで!!


洗濯機貸してくださいっっ。ホットシャワーを追加料金なしで使わせてくれたらすげーーうれしいですっっ。

水だと泡がたたねーから髪の毛もパッサパサーー ついでに資金もすさんでカッサカサーー


廊下に寝袋で寝てます。 寒かったらネコと一緒に寝てるからダイジョーブです。



インドネシア、メキシコ、ネパール、ギリシャ、フランス、イギリス、スイス、ポーランド、ドイツ… 皆様、ご連絡ありがとうございますっっ(感涙)。


そいえばアテクシ、世界一周ルートを公開してません。 危機管理上の理由です。 ホントは言いたいんだけど、なんとなく怖いのー チキンなのー でもウソじゃなく旅ってるからシンジテーー


旅先からブログをアップしていくのでルートはお分かりになると思いますっ。旅った履歴ルートは公開する予定なので!


旅に出たらアツいネタをモッサモッサ書いていくのでどうぞご期待いただきたしっっ!!


    最近はアテクシの近況日記状態になってしますが、まぁ、このブログ、準備記だしいいよね?



大まかなルートとしては、


東南アジアスタート(シンガポール予定) ~ 中国 ~ インド周辺 ~ トルコ ~ ギリシャ ~ アラビア半島南下 ~ アフリカ縦断 ~ 南アフリカ 喜望峰で叫ぶ ~(フライト)~ ブラジルか中米 ~ 半時計回りで南米大陸周遊 ~ キューバとか ~ メキシコから帰国


50カ国以上を予定しちょります。


で、ルートをご覧いただくとわかるのですが、


ヨーロッパが入ってね~~!!

中央アジア(シルクロード)も入ってねぇ~~!!




のです。


理由は簡単;

ヨーロッパ物価高すぎ。 

長期で旅れば予算が一気にぶっ飛ぶ。




以前、スペインに行ったとき8人相部屋で20ユーロ(3,000円超)したときはぶっ倒れそうになった。

    イギリスでは12人部屋で2,000円・・・ ナメとんのかっっ!!! ←実際イギリスでは破格の安さなんだけど。バックパッカーって心がすさむんじゃ・・・



自分のプライベートスペースは2段ベッドの上のみ。しかも下のベッドはすでに取られてたからバックパックもベッドの上に置く始末。

キッチンの冷蔵庫に入れておいた食べかけの缶詰も誰かに食われて気がついたらねーー みたいな。


もう一度言わせてもらいます。


1泊8人相部屋で3,000円超、しかも水シャワーー!!

高いモロッコでさえ1泊800円、しかも温水シャワーだったのに!!!(しかも個室)


どゆことよーーーー エジプトは200円とか140円だったのにーー  ←寝てたらベッドの支えが外れて背中がくの字に曲がったけど



スペイン(マドリッド)に5泊してアテクシ卒倒。今、スペインで金をかける余裕はない。もう無理だっての!!  同じ部屋の中で、アメリカオトコとフランスオンナはお国問題でケンカし始めるし。


さっさとポルトガルに移動してやった。




話が大幅にそれました。。。

あ、アテクシの旅ルートの話だったっけ。 ついアツく吠えてしまったわ。


ヨーロッパはギリシャまでの予定です。東欧は季節と予算で行けそうだったらグルリとまわりたいと思ってる。
ポーランドとチェコに行きたくて。 やっぱりアウシュヴィッツは訪問したい。


中でもギリシャは今回の旅で、アツい国TOP 5に入っている。


だってー!! 世界史大好き、ギリシャ神話オタク、哲学科出身なんだもん!! そこで人々は何を思って生きてたのか!!  空気感じたいじゃん! 知りたいじゃん!


ギリシャでは戦争というものが日常茶飯事のことで、コロッセウムがあって、人間くさい神々をうやまって、民主主義が生まれたけども、大事なことを決めるときには神々の神託を受けて。

人間の純粋で、懐疑的で、保守的で、攻撃的で、創造的で、理論的で感情的な要素がつまっている。



 不思議な世界。


      そんな世界を取材してきたいのです。

 


そしたら1通のメールが来ました。

ギリシャ在住の読者の方~! オォーーー!!! 

『近くにお寄りの際はぜひお声をかけてください』 と!

    まさに神の神託ぅぅーー。



住んでおられる場所を見たら、アテクシの旅ルートど真ん中ストライクじゃまいか!
こういう出会いもあるんだなぁ、って感激してます。

お礼にどっかの国で買ったプレゼント持っていきます!!



こちらでウェブとブログを書き始めてから、ウェブを通じていい出会いをさせてもらってます。 いつも読んで下さっている方々、お1人お1人に心から感謝してます。


先日、長いことブログを読んで下さっている方をお会いしました! 名古屋在住のフルート奏者 Lico さん。


トークは知的だし、目ヂカラあるし、そんでもってべらぼうに美人で輝いてた! 生命力に圧倒された!!


さらにLicoさんがお得意の一眼レフでカレンダー発売記念を撮ってくれました! きゃしゃなカラダで構えるでかいカメラ(いいレンズ使ってるしー いいな…)。 アテクシ、自分が撮る側ばかりで自分のが全然ない。


っつことで、普段は載せない、アテクシの写真だ。 は、はずかしーーぜ。  ウェブのプロフィールで顔出てるけど。


読者さんが減ったらマジで落ち込みます



4DPP_11.jpg

 ↑ 三十路旅人、帰国したら貯金ナシ、仕事ナシ、旦那ナシ、子供ナシ(多分)。



カレンダーご購入いただきますたぁーーー!! ありがとう~~~!!

ちょうどお会いする前に屋外でフォトセッションがあったので、初対面なのにこんなんですが・・・ 『ちょこぼさんらしい』 と言われる三十路。


以前書いた、カラダはオトコ、心はオンナな 白川ともえさん も東京におられたのでみんなで会っちゃいました! おかしな集まりだろ、コレ! 統一性まったくなしなレポはまた今度♪


==========================================
2009年度 卓上カレンダーが販売されました!

『地球の深呼吸』
000_Cover1.jpg

詳細、ご購入は こちら ! 年内中に完売になりそうです。ご検討の方はお早めに!
==========================================



オーダーくださった方々、ホントにありがとうございました!
コメント、メール、全部拝読してます。
応援クリックよろしくお願いします^^
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

携帯でフォトジャーナリスト

2008年 12月 05日 (金) | 編集
==========================================
2009年度 卓上カレンダーが販売されました!

『地球の深呼吸』
000_Cover1.jpg

詳細、ご購入は こちら ! 増刷決定しました!
==========================================



まぁ、アレだ。前回のブログ記事ではちょっとムーンな気持ちを書いてしまった。 記事にアップしようか迷ったけど、勢いで載せちゃいました。 


ところで、アテクシが各国で撮ってきた写真を卓上カレンダーにしてただ今、ご注文を承っておりますが、予想以上にオーダーをいただいてます。

予想を大きく超えすぎてて・・・ ありがたいです(泣)。 ホントに・・・ 会ったこともないアテクシに… ウウッ。 告知4日目にして増刷が決まりました! ってか、告知して5日で打ち止めって… 

今度、カレンダーの写真にまつわるその場所のエピソードを書きたいと思ってます。



写真ってアテクシも技術的なことはよくわからず、構図とかも、撮るときはイチイチ考えないで体感的に、うーん、心で撮る、っていうとすごくシックリくるんだけど、そんなんで撮ってます。


あるがままの そのままの。


一眼レフとかデジカメをいつも持ち歩いているかというとそうでもなくて。 でも 『撮りたい!!』 っていうときがあったりして。

多分、ダレでもそんな気持ちを持っていると思う。夕日がきれいだったら携帯カメラを取り出すし、もみじがキレイな木の下で携帯を右手に上を向いているお年寄りも最近よく見かける。


そんな『一枚』 を携帯に持っている方、そして興味がある方にぜひぜひ知って欲しいキャンペーンがあります!!!


ケータイ・ジャーナリスト・コンテスト 2008





『毎日の暮らしの中で「これって、いいことだな」あるいは「ちょっと問題かも…」と感じたことを、世の中に問いかけてみませんか。』


携帯で写真を撮って、メッセージと一緒に送信するだけ。(PCからも送信できます)


携帯カメラってやっぱり気楽。生活の中にある多くの社会問題とか、やっぱり写真があるとわかりやすい。

アテクシの働くオフィスからちょっと離れたところにある飲食屋。その店の前は、朝、大量の生ゴミと、ペットボトルだのがテンコモリに散乱状態になっている。 朝はカラスがそれをグチャグチャにしているんだよね。


それを片付ける地域の方々。生ゴミは朝から耐えられないにおいを発し、時に女性のトイレのゴミとかまで散乱してて。


なんだろう… ね。


審査員もそうそうたるメンバー。


そ、その中に!! アテクシが尊敬してやまない、アルピニストの野口健さんまでおられるのよーー!!


野口さんの本やウェブサイトを読みまくって、ヒマラヤ知識をつけたのよね。。 野口さんのように、全力全身で生きていたい、ってホントに思う。

話がそれたけど(いつか野口さんのこと語りたいなー、彼の生き様を本当に尊敬してます)、もしアテクシが撮った写真も野口さんの目に入るのならば!! 

このコンテスト、本気で参加します!!! 


なんだかアテクシの野口さんファンクラブ演説状態になってきたぞ。 で、話を戻して… と。



ほかにもジャーナリストの岸井さんとか江川達也。香山リカ… と予算もモリモリ、このコンテストの本気度がうかがえる。 優秀者には商品プレゼントもあって。 


写真の審査は3回ある。 うぇ~~! 本気撮りしないと最終まで残らないだろうな。 こういうことって見つけようとして見つかるものではなく、きっと自分の心の状態とリンクする気がする。

イライラしているときだとこういう身近な社会問題とかって見えないもんなぁ。



今見たらハッスルの高田総統もお勧めしているみたいだけど。 → こちら (音が出ます!)


あ、あの・・・ こんなかっこうしてタバコ吸いながら指令されても・・・ コンテストの内容がいいだけにもったいない!!! と思うのは私だけではないはず。 ギャグでオトす必要はあったのだろうか…




アテクシも本気参加したい。ゴミについてはシリアを旅ったときに驚いたなー。お菓子を食べる乗客や運転手は、窓の外がどこもゴミ箱状態でポイポイ投げ捨ててた。

エジプトを旅していたとき。アイルランド人と一緒にいたら、彼は道にゴミを捨てて歩く。

『ちょっと。ゴミを捨てるのやめた方がいいよ』

いくら旅中でも、アテクシはすごく抵抗がある。

『でもみんなやってるしさ。OKでしょ。』

みんなって… そら確かにそうだけど。

『ボクも自分の国に帰ったら道には捨てないけどさ。』


世界を歩く旅人よ。極論を言えば、自分の国じゃないから隣の国が戦争してても関係ない、っていうことと同じことだよ、ソレは。




海外にいると自分ではどうしようもできない状況の連続。 でもときにその事実を、キレイゴトばかりではない現実を伝えたい、と思う自分がいます。

CIMG8070.jpg

エジプト。歌を歌いながらティッシュを売っていた。



予想以上の速さで在庫が減っていて驚いてます。
みんな地球が大好きなのね!! 
来年はもっとすげー世界、キレイごとじゃない世界をお伝えします。
応援クリックよろしくお願いします^^
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ホント独り言です

2008年 12月 03日 (水) | 編集
最近になって世界一周っていうことが現実化してきた。


ウェブでカレンダーを販売開始したら予想以上の反響をいただいた。某業界の方が旅の協力をして下さるとおっしゃってくださったり。
ブログから広がった仕事の依頼も増え、一眼レフメーカーの研修に参加したり、写真関係からアーティスト仲間が広がってとかとかとか、この私が今、ちょっとアタフタしてます。(いろんなパーティとか会は全部幹事してたり… グアッッ)



私が旅で見てくる、取材してくるのは、真剣に生きている人たち。

キレイゴトではない世界。 私にしたら宇宙から見ている地球がキレいとかなんてどうでもいい。そんなことより、宇宙からも見えるピラミッドの下で露店を出している子供たちが、警察にガツンガツン殴られて泣きながら場所を移動し、新たな場所でお店を再び広げている、その事実。


はかなく、もろく、こわれやすくて、どこまでも消えそうなのに、そこにある圧倒的な存在感を示す大地であり山脈。それらを同様に包む天空。


そこに住む彼らは何を見ているのか。 その場所の人々の息遣い。必ずあるその場所の祈りの風景。

世界は祈りにつつまれている。 人々の切なる願い、その対象はただただ、平和に、善くいられますように、と。

その中で私は深く呼吸をしたい。



最近の私の生活はたった半年前には想像もできなかったくらい動いた。

一生を変えるキッカケをくれた人たちとの出会い。不思議な縁としか思えない人との何気ない会話、そこから生まれる新たな世界があり、自分が行くべき道がハッキリ見えている、この開放感。

こんなに縛られない、あるがままで飾らないことがいいっていう人たちと、気持ちがいい付き合いが増えて。


生きているなと実感したことによって、知ってしまった、背負ってしまった生を全うしたいがために、現実的な自分がときにいたりして葛藤する。

自分が知ってる自分も、他人が知ってる自分も、自分しか知らない自分がもっと出てきて、そして自分すら知らなかった自分がさらにさらに出てきて、押しつぶされそうになって。




散々の葛藤や涙を流して見送ってくれる家族。

いつも背中を押してくれる友達がいて、

私のことを真剣に考えてくれる、大事にしてくれる人がいる。



ここから離れたくない、って思うときがある。 むしょうに泣けてくるときもある。


自分が望んでいた世界。もちろんそれらをハンドルする自信はある。今の私は前よりもっともっと自分らしいと思う。

それなのに知らなかったら良かった現実、知ってしまったからこそ引き返せない事実があって、自分の中で息ができなくて、苦しい気持ちが襲ってきて。



旅をしていると、ときにその空間に飲み込まれて自分の存在のなさを感じては、ただただ泣けてくるときがあって。
フッと吹いたら消えるこの砂漠の砂。これと私って何が違うの? 私ってホントにここにいる、って誰がそう言える?


そもそも存在するということ、それに意味って必要なのかな。 全部が全部つながっているこの宇宙の中で、自分の存在意味を求める、この私ってただの傲慢だから? それとも自分がいなくても何も変わらないかもしれない、そんな宇宙の流れの中で、自分の無力さが怖いのかな。


そんなときに一緒に抱きしめて、泣いてくれ、私の存在を認めてくれる、そんな人も置いて私は地球を歩く。



果て無き宇宙の中に人間はいて。 たとえ自分がただの点でも、それでも何かの生を勝ち取ろうとする人間。消え行く姿かたちの中で、どこかに自分が在ったことを残すために、魂を捧げる。


表に出たい自分と、ただただ泣いていたい自分が混在して、ときにコントロールできなくなり、こんな涙を流している自分がいることを知って、ああ、生きてるな、って思えたり。

ギリギリの縁のところにいたけど、ああ、今日もこちらに戻ってこれた、そんな安堵な気持ちを客観的に抱いている自分に驚く。


こんな私を通して見えてくる世界、風景、人間。全部が同じ空間に生きていて、どこまでも簡単に消えてしまうくらいはかなく。


旅に出るのに理由はない。 空が見たい。月が見たい。砂漠で寝たい。



     思いっきり。


            思いっきり・・・。


カレンダー:初納品

2008年 12月 02日 (火) | 編集
==========================================
2009年度 卓上カレンダーが販売されました!

『地球の深呼吸』
000_Cover1.jpg

詳細、ご購入は こちら
==========================================



以前、ブログ記事に 『サロンやカフェをご経営されている方でカレンダーを置かせていただける方がおられたら、ご連絡ください!』 とずうずうしくも書いたら、一番最初にメッセージを下さった天使さまがおられました(涙)。


バリニーズ マッサージ
ASIAN RELAX りらちた さん!

りらちた、ってネーミングの意味は・・・ ↑ こちらをご参照!



自分の商品を、自分で担いで、お会いしたことがない方のお店に置かせていただく… 納品ってのはアテクシも人生初体験。 ウォ~~! 緊張するぜ!!!


こんな年齢で甘酸っぱいお初な経験に心トキメキかせながら、横浜のみなとみらい地区にある日本大通まで繰り出した。


夕方になりお店に入った瞬間、いいかほり。 あ~~ いい空気流れてる!! 

HK220328.jpg


『ははは、はじめまして、ほりうちちょこぼです。』

さすがオーナーさん、お肌スベリンコじゃないかー! トゥルンしてるー!!

『でも、前のブログから読んでいますよ! ○○さんの方がシックリくるかな? はじめまして!』


ウハッッ。 現在封印中の昔のブログの名前がまたしてもここで出た。 

イヤ、封印しなきゃいけない理由はないんだけども、あまりにアホで、徹底的に低レベルな内容をマジメに語ってたりしたもんで、ちょいとハズカスーのだすよ。。 (本人は結構好きなんだけども)



『私も納品って初めてですごくうれしいです! ありがとうございます!良ければ写真撮らせてもらえませんか。初体験なレモンの味を残しておきたいんですっ』


そして一眼レフを取り出した。 ここ、雰囲気いいからいいのが撮れるかな。


ジーー。


カシッ。



モニタが写る。



・・・。


・・・・・・・。



メモリカード入ってねぇ・・・・・・・。


デジタルカメラ、メモリカードが入ってなければ無用の長物!!!
つか、写真を撮る人間として、コレってどーーーなの!!


『メモリカード忘れまづた!!!』


携帯で撮るなんてイヤだ。携帯写真は写真じゃない、あくまで携帯画像でしょ!! 認めねぇ~~!!!  



ガーーンガーーーンガーーン・・・



っつことで、翌日再度訪問。アテクシの人生、二度手間三度手間は日常茶飯事だからたいして驚かないんだけど。


再度来たら、カレンダーを待合室のデスクと受付下に置いてありました。 オデ、感激…。 自分の子供たちが違う場所にいるなんて(感涙)。

HK220330.jpg



こんな気持ちのいい空間におかせていただいてるアテクシのカレンダーも感激しております!!!  うれしいですってば!!  マジで!!



アテクシはアロマがすっごい好きで、特に天然エッセンスが好き。 自分でもしょっちゅう部屋の中をプンスカさせてます。
天然エッセンスは上手に使えば、自分の体の回りにある気もきれいにしてくれる。

周りの友人もアロマを大事に上手に使っているので、改めてホットストーンやアロママッサージに来たいと思いました。


アテクシなんてタイでちょー安いフットマッサージ(アロマつき)に行って、足がかゆくなったことがあるけど… アロマは石油のにおいがしたし(おかしくね?)、足にアザは出来るし(ヤバくね?)・・・ 痛いっちゅーねん!! だからアロマもちゃんと選ばねばなるまい。お店と自分との信頼関係が一番大事。 



その点、りらちたさんでは、インドネシア産のアロマをブレンドして、自分の好きな香りでマッサージを受けられる~! どんだけ姫になれるの!! 

HK220339.jpg



しかも帰るときにおみやげまでいただき!!!

こっちがお願いして置かせていただいたのに、エコバック!

HK220354.jpg


かわいい! しかもペットボトルが固定されるスペースも中にあるしっ!!
ちっさく丸めると、貝殻のボタンで留められる気の利きよう。 ダレかさんとはちがうわ。 (←オデです)


エコバックは旅に出るときに持って行ってるアテクシ(マジ)。 かなりエコバック使えます!


長距離バスに乗る時、前シートのとこにぶらさげて水入れたり、さっき買ったフルーツ入れたり。ランドリーに洗濯物出しに行くときとかちょー便利。


今度の世界一周に持って行くこと決定~~!  ありがとうございましたっ!!


りらちたさんには、改めてうかがいます! 



予想以上の速さで在庫が減っていて驚いてます。
みんな地球が大好きなのね!! 
来年はもっとすげー世界、キレイごとじゃない世界をお伝えします。
応援クリックよろしくお願いします^^
↓↓           ↓↓


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

【告知】2009年カレンダー発売開始しました!

2008年 12月 01日 (月) | 編集
2009年度 卓上カレンダーを発売開始しました!


来年の世界一周ではあるメーカー企業さんが、私が世界各地で撮った写真を使って発表してくださることになっています(詳細についてはもうしばらくしたらお話しします!)。

そんな過去の写真たちが来年度のカレンダーになりました! 私の今までの旅で撮った写真を9カ国の中から選んでいます。


              【地球の深呼吸】

000_Cover.jpg

定価1,000円(送料込み)
購入サイトはこちら


▼ 携帯からの方はこちら ▼
http://feel-earthling.shop-pro.jp/


※ 海外発送をご希望される方は直接ご対応させていただきますので、ウェブの コンタクト からメッセージをください!



■ 表紙と12か月分のカレンダーと、撮影ロケーションのindexがついていて、毎月の新月と満月が載っているムーンカレンダーです。

旅っていると、月のサイクルに猛烈敏感になる。 これは現在でもそうです。(ちなみに今夜はもう新月が近いので、今は猫のつめみたいな細くて繊細な月です!)

満月の夜はいっつも外に出てる、ってくらい、月が好き。 今回、カレンダーを作る上で外せないポイントでした。(私も旅に持っていきます!)

ポストカードサイズで、プラスチックケースを折り返すと卓上カレンダーになるスタイルです。 季節と色を考えて写真を選択しました。
思っていた以上に反響をいただいてて、すごくうれしいです。


詳細につきましては、ウェブショップをごらんいただきますと、詳しく載っております。

どうぞよろしくお願いします!


【追加記事】
商品代引きでの発送方法を追加しました!
すでにお申し込みをされた方でご希望される方は、問い合わせメールアドレス、またはコンタクトからご連絡ください。
  [ HOME ]   

明日の地図帳を歩くTOPページ | 著作権について | 個人情報について | credit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。